ドラえもん×コロコロコミック--藤子・F・不二雄ミュージアムで初コラボ展

ドラえもん×コロコロコミック--藤子・F・不二雄ミュージアムで初コラボ展

画像提供:マイナビニュース

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県川崎市多摩区)は7月8日〜2018年1月15日、「ドラえもん×コロコロコミック40周年展」を開催する。

同展は、子どもたち、そして、大人になった子どもたちへ贈る企画展。『ドラえもん』と『コロコロコミック』 (小学館)がともに歩んだ40年の歴史を、当時の編集担当者やアシスタントの視点を交え、厳選した原画でたどる、『コロコロコミック』と開館以来初のコラボレーション企画展となる。

1977年に創刊した『コロコロコミック』 は、『ドラえもん』のマンガがたっぷり読める雑誌としてスタート。40周年を迎えた今日でも、多くの子どもたちを虜にしている。

同企画展では『大長編ドラえもん』シリーズを中心に『パーマン』や『宙犬(ちゅうけん)トッピ』『宙(ちゅう)ポコ』など、同誌に掲載された人気作の原画約180点も一同に展示。当時の担当編集者やアシスタントのエピソードを交え原画を展示するという"コラボ企画ならではの構成"を実現した。

また、「大長編ドラえもん」シリーズ全17作品のほか、同誌の表紙のためにマジックで描かれたドラえもんの原画約40点も公開。ボリューム満点の企画展となっている。

さらにミュージアムカフェやショップでは、企画展オリジナルメ二ューやグッズが登場。3F「ミュージアムカフェ」では、「海底鬼岩城ポセイドン冷やしまぜ翡翠(ひすい)めん」(1,200円)や「のび太の恐竜白亜紀プレート」(1,450円)、「ドラえもんタコライス」(1,600円)、「畑のレストラン(ロコモコ丼)」(1,850円)などを提供。『コロコロコミック』 創刊号の表紙デザインの「創刊号ケーキ」(1,977円)やカフェラテ(570円)も用意した。

1F「ミュージアムショップ」には、「クリアファイルセット(A4サイズ2枚)」(594円)、「アクリルキーホルダー(全2種)」(各627円)、「ピンズ」(648円)などがお目見えする。

開催期間は7月8日〜2018年1月15日を予定。会場は、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県川崎市多摩区)。

※価格は全て税込

(C)Fujiko-Pro
(エボル)

関連記事(外部サイト)