年収800万円以上の人は早起きが多い? - 朝と食事に関する調査

年収800万円以上の人は早起きが多い? - 朝と食事に関する調査

画像提供:マイナビニュース

アントレックスはこのほど、朝と食事に関する調査結果を発表した。調査期間は4月24日〜27日、有効回答は20〜50代の個人500人。

○朝の時間に余裕のある人は年収が高くでモテる?

朝早めに起きるほうか、ギリギリまで寝ているほうか尋ねたところ、「早めに起きるほう」と答えた割合は、全体平均では33.6%だったのに対し、年収800万円以上では50.4%に上った。さらに「どちらかといえば早めに起きるほう」を合わせると、年収800万円以上の70.4%が早起きをしていることがわかった。一方、「ギリギリまで寝ているほう」とした割合は、全体平均では17.4%、年収800万円以上では11.2%だった。

自身を「モテるほう」だと答えた人の「早起き率」は57.1%で、平均の33.6%を大幅に上回った。また朝ごはん、昼ごはん、夜ごはんで、何を一番大事にしているか聞くと、朝ごはんを一番大事にしている人は全体では17.6%にとどまったが、自身を「モテるほう」だと答えた人では全体の倍以上の38.8%となった。

朝ごはんを重視している理由については、「1日が始まるときの活力になるから」(愛知県・51歳・女性)、「1日エネルギー補給」(大阪府・47歳・女性)など、朝を1日の起点として捉えている人が多かった。

朝ごはんを食べるようにして変わったこととしては、「朝に活力が出るようになり、より仕事に集中できるようになった」(大分県・28歳・男性)、「朝からしっかり栄養をとっているという自覚があるからなのか、午前中の集中力や仕事の効率がよくなったような気がした」(神奈川県・30歳・女性)など、様々な効果を感じる声が寄せられた。
(御木本千春)

関連記事(外部サイト)