テクノロジーとお菓子で寛ぐホステル「TRIP POD」第2弾が京都で始動

テクノロジーとお菓子で寛ぐホステル「TRIP POD」第2弾が京都で始動

画像提供:マイナビニュース

iVacationは7月5日、テクノロジーを活用した宿泊施設「TRIP POD(トリップポッド)」のコンセプト型ホステル第2弾「TRIP POD KYOTO - snack & bed -」のプロジェクトをスタートした。同ホステルは2018年10月の開業を予定している。

「TRIP POD KYOTO - snack & bed -」は、2017年9月に福岡でオープンを予定している「TRIP POD FUKUOKA - snack & bed -」に続く、日本のお菓子を食べながらゆっくり寛げる、訪日外国人観光客や国内旅行客をターゲットとした第2弾のコンセプト型ホステルとなる。

iVacationでは、空き家を活用した民泊及び民泊投資用物件の企画や宿泊施設の運用を行っており、「TRIP POD」も「Vacation×Technology」をコンセプトに展開。宿泊者が旅行を快適に楽しめるよう、ローカライズされた旅行者向けIoTデバイス「TATERU Phone」を無料で貸し出し、サービスを提供する。

多言語対応のトリップコンシェルジュが、チャットにて国内外からの客の要望に対応するほか、テザリングや翻訳機能、観光地の音声ガイド機能などの利用が可能。また、通常ホテルなどに宿泊するようなフロント業務を「TATERU Phone」を通じてスマート化し、タクシーやレストランの予約受付、滞在中の対応などをトリップコンシェルジュが行うため、宿泊施設の運営を効率化することができる。

また、"snack & bed"とあるように、日本のお菓子文化を楽しんでもらうため、昔ながらの駄菓子から和菓子やスナック菓子、スイーツのほか、ご当地お菓子や同ホステルでしか買えない限定のお菓子などを提供する。宿泊者には無料で提供し、気に入ったお菓子をお土産として購入することもできる。

宿泊者同士が気軽にコミュニケーションをとれるラウンジやダイニングを設置し、宿泊エリアについてもドミトリーだけでなく、個人向け・団体向けの個室も設置を予定している。「TRIP POD KYOTO - snack & bed -」の所在地は、京都府京都市中京区藤岡町493番地となる。

関連記事(外部サイト)