沖ノ島の世界遺産登録、除外勧告から一括登録に転じた要因と今後の課題

沖ノ島の世界遺産登録、除外勧告から一括登録に転じた要因と今後の課題

画像提供:マイナビニュース

●沖ノ島などが持つ"つながり"の意味--世界遺産の制度は不動産ありき
7月2日からポーランドの古都クラクフで開催されている世界遺産委員会。日本から推薦していた「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」は、5月に諮問機関であるイコモス(国際記念物遺跡会議)から8資産の内、4つを除外するように求められ、条件付きの登録勧告であった。9日の委員会での審議において勧告を覆す一括登録となり、地元も喜びにわいている。

今回、審議の状況や今後の課題について、世界遺産に詳しい世界遺産アカデミー/世界遺産検定事務局の研究員・本田陽子さんにうかがった。

○イコモスが判断したつながりの意味

――当初は7月8日の夜に決定するのではとも言われていましたが、9日に審議がずれ込みましたね。

本田さん: 今回は、新規登録と既存の遺産の範囲拡大登録をあわせた33件の審議が予定されており、スケジュールでは7月7〜9日の3日間が割り振られていました。日本の審議は18番目だったので、中日(なかび)となる8日の審議となるであろうと予測されていたんです。ただ、1番目のパレスチナの審議に非常に時間がかかったり、「不登録」や「登録延期」の勧告が出ていた遺産の審議が相次いだので、日本の審議がずれ込みました。

審議の様子は公開されておりインターネットで視聴可能なのですが、ポーランドと日本は7時間の時差があります。そのため、深夜1時になっても日本の順番が来ないので、私も視聴しながらウトウトしてしまいました。結果的には、9日の日曜日の夕方に決定したことでニュース速報が流れ、日本全国がリアルタイムで登録を祝うことができたので良かったのではないかと思います。

――「沖ノ島」は事前の勧告では条件付きの勧告でしたが、改めてどのような条件だったのか教えてください。

本田さん: まず、イコモスより登録が勧告された4資産ですが、これらは沖ノ島とそのすぐ近くにある3つの岩礁でした。これは、4〜9世紀の古代祭祀の変遷を示す考古遺跡として価値があるとみなされました。

一方、除外された4資産ですが、沖ノ島に対する信仰の伝統が「宗像三女神(宗像大社)」信仰へと発展して現在に継承されていることを示すものです。九州本土と大島にある宗像大社の社殿と、沖ノ島に対する信仰の伝統を築いた宗像氏の古墳が含まれます。

イコモスは、後者の4資産について世界的な価値とは認められない、また、沖ノ島信仰と現在の宗像大社信仰に継続性は確認できない、という判断でした。日本としては、8資産全体で「海によって結ばれる広大な空間で宗像三女神をまつる」ことを示していたのですが、ここがイコモスに伝わりづらかったのではないかと思います。

というのも、沖ノ島で行われていた祭祀がやがて大島と本土にも伝わったということを三女神の存在でつなげることは、日本人の精神性や宗教性にしてみると特に説明をせずともしっくりくることであり、それでもきちんと日本書紀などの記述を持ち出して説明も尽くしたと思っていたわけです。しかしながら、学術的な視点から見ると、信仰の継承性の説明がつかないとされました。

また、沖ノ島から離れた本土の高台に位置している古墳については、われわれは「宗像氏が沖ノ島を含めた海全体を見守っている、よりそっている」と受け止めましたが、イコモスは沖ノ島信仰との関連性が見受けられないと感じたのだと思います。これらは海を隔てたものであり、目に見えない精神的なつながりを帯びています。勧告を聞いた後に改めて、世界遺産の制度は不動産ありきの物理的価値を重んじるものなのだ、と実感しました。

かなり専門的な話になってしまうのですが、顕著な普遍的価値を有するために満たさなければならない指標として、日本からは「東アジアにおける価値観の交流」、「考古遺跡を守り伝えてきた信仰に対する文化的伝統」、「海上の安全を願う現在につながる信仰」の3点を提示していたのですが、3点目の指標については当てはまらないとされました。

○世界が一括登録を支持したわけ

――それが逆転して、一括登録となった要因はなんだったと思いますか?

本田さん: 勧告が出た後、早い段階で地元では8資産の一括登録という方針を固めました。それに向けて、地元や関係者の方々が粘り強く努力をされたというのが、非常に大きいと思います。日本政府とイコモスは既に何度か対話の機会を設けており、勧告を受けるとこれ以上、イコモスに対しての働きかけはできません。

おそらく、実際に審議を行う世界遺産委員会の委員国(全21カ国で構成)にここ2カ月で働きかけたのではないかと思います。開催時に委員会に参加した文化庁長官は、自ら描いた各遺産の関連を示す鳥瞰図を持ち込んで各国に説明されたようですが、そういったことも遺産価値を伝える上で、十分効果があったのではないかと思います。

思い出すのが、2013年に『富士山―信仰の対象と芸術の源泉』を推薦した時に、同じくイコモスから「三保松原」の除外という条件付きの登録勧告がなされたことです。その時、日本は世界遺産委員会の委員国を務めていたので、各委員国への説明がしやすい状況にあり、そうした活動が「ロビー活動」としてニュースにもなりました。今回はすでに委員国を外れており、いわゆるロビー活動はあまり容易ではなかったと思うのですが、審議時の各委員国の発言を振り返ると、遺産価値がしっかりと伝わっていたように思います。

――委員国からはどのような発言があったのでしょうか。

本田さん: ほとんどの国が、8資産は文化的・歴史的に一体で、分かちがたいつながりがあるという意見を表明しました。韓国は当初、イコモスの審査を尊重して4資産が望ましいという意見でしたが、各国の意見を聞いた後に8資産を認める発言をしています。他には、フィリピンから沖ノ島へ女性が立ち入ることができないことに関する意見がありましたが、日本の代表からは沖ノ島には女人禁制の伝統がありつつも、資産の保全・管理には多くの女性が主体的に関わっていることを説明しました。

ただ、先ほど3つの指標の話をしましたが、議長からの提案により、議論は4資産か8資産かを論ずることに重きがおかれ、指標についてはほとんど議論にならなかったのです。トルコなどごく一部の国は、3つ目の指標もふさわしいと言及していましたが、最終的にはその指標は認められませんでした。

今回の論点のキモが、「現在に至る信仰のありよう、つながり」だったので、構成資産として認められても、指標としては認められていないのが少し残念ではあります。ただ、限られた時間の中でたくさんの審議を行わなければならないので、議論を長引かせないためにもやむをえなかったのかとは思います。

――それにしても、今回の逆転登録は日本にとっては喜ばしいことでしたが、イコモスの見解とは異なってしまったことについて、どう思いますか。

●世界遺産への登録が意味するもの--信仰を重んじるということ
○「顕著な普遍的価値」の難しさ

本田さん: まず今回の審議を通して、「勧告」や「イコモス」という言葉が一般の方にも随分浸透したようで、そこは少し驚いています。もし、あらかじめイコモスの勧告に条件が付いていなければ、世界遺産の仕組みや制度について、ここまで議論がなされなかったかもしれないですね。

それはさておき、諮問機関と推薦国の間で世界遺産がもつ「顕著な普遍的価値」をめぐって異なる見解が出されたり、時には意見が衝突したりすることは、ごく自然なことだと思います。世界遺産とは世界の文化や自然環境の多様性をお互いに認め、尊重することが非常に大切なので、対話の中から新たな見解が生まれて、多様な視点をもたらすことにつながることも多々あるでしょうし。今回は、イコモスからの中間報告の時点での対話で、あまり距離が縮まらなかったことで問題が大きくなってしまったという印象です。

また日本のケース以外にも、今回の審議ではイコモスとIUCN(自然遺産の諮問機関)の勧告で「登録」ではなかったもの、すなわち、勧告の中でも登録がかなり厳しい「登録延期」(4段階中上から3段階目)がほぼ全て審議の場で登録となったのです。これは、日本の逆転登録よりも遥かに高いハードルなのですが、近年、諮問機関の勧告が委員会で覆されるケースが非常に多くなっています。

世界遺産の審議には事前の諮問機関の審査は不可欠であり、推薦国との対話を促進していったり手続きの透明性を増すほどに、彼らの業務量は拡大していくわけです。諮問機関の勧告が覆されるケースがこのまま続くと、「何のための事前審査なのか」が分からなくなってきますし、諮問機関のモチベーションもかなり下がってしまうと思います。難しい問題ですね。

○登録以降、観光客が心がけるべきこと

――沖ノ島は先ほどもお話があったように入島制限の禁忌が守り続けていけるのかどうか疑問の声もあり、一部には今回の登録を歓迎しない意見もあるようですね。

本田さん: 世界遺産登録によって世界的に有名になることで、勝手に立ち入る人がいるのではないか、また、信仰の地である宗像大社が俗化するのではないか、という意見が出るのは当然ですよね。ただ、世界遺産は地元の宝を世界の宝にしようという地元コミュニティの強い思いやしっかりとした保全計画がないと、推薦そのものが成り立ちません。そこは地元できちんと共有化がなされていると思いますし、これまでの世界遺産の先行事例から学べる点も多々あります。

今後、さまざまな問題が発生しうるかと思いますが、ひとつずつ取り除いていって、宗像大社の信仰をこの先もずっと守り続けていってほしいと思います。また、当面は観光客が急増すると思いますが、訪問する側も聖地を訪れるという敬意をもっていってほしいですね。

もう1点気にかかったのは、5月の勧告に対して世界遺産の制度そのものに対するマイナスイメージが発生してしまったことです。沖ノ島のみの勧告に対して三女神を引き裂くという例えもあったように、地元の人々が大切にしてきた宗像三女神の信仰が理解されていないと捉えられて、「ユネスコは全く分かってない」という感情論が多く出ました。

勧告はあくまで、世界遺産として保護していくべき価値があるかどうかを制度に照らし合わせて検討した結果であり、決して信仰そのものを否定したものではありません。この記事を読んでいただいてそうしたところが伝わると、私としても微力ながらお役にたてたのかなと思います。

世界遺産にはいろいろ課題もありますが、ユネスコや諮問機関、関係国は一丸となって世界遺産という制度をよくしていこうと常に議論しています。世界遺産には多くの人の心に訴える力があると思いますので、そういう部分にももっと光が当たって世界遺産の目的や理念が浸透していくことを願っています。

○プロフィール: 本田 陽子(ほんだ ようこ)
「世界遺産検定」を主催する世界遺産アカデミーの研究員。大学卒業後、大手広告代理店、情報通信社の大連(中国)事務所等を経て現職。全国各地の大学や企業、生涯学習センターなどで世界遺産の講義を行っている。
(本田陽子)

関連記事(外部サイト)