バニラエア、運持込手荷物7kgまでに改定--安全性と定時性確保で

バニラエア、運持込手荷物7kgまでに改定--安全性と定時性確保で

画像提供:マイナビニュース

LCCのバニラ・エアは10月29日より、運航の安全性と定時性の確保及び利便性向上を目的に、機内への持込手荷物の条件を改訂。機内持込手荷物サイズを航空業界において一般的な規格と同様のものにし、機内持込手荷物重量を10kgまでが7kgまでに変更となる。

現状の機内持込手荷物基準は、三辺の和が115cm以内かつ各辺が56cmX36cmX23cm以内、手荷物1個+身の回り品(ハンドバック・PCバックなど)1個で2個まで、2個の合計が10kgまでとなっている。10月29日以降は、三辺の和が115cm以内かつ各辺の長さが55cmX40cmX25cm以内、手荷物1個+身の回り品1個で2個まで、2個の合計が7kgまでとなる。

関連記事(外部サイト)