家選びで重視するポイント、年収による差が明らかに - 年収600万円が境界線

家選びで重視するポイント、年収による差が明らかに - 年収600万円が境界線

画像提供:マイナビニュース

マンションマーケットは7月18日、家選びのポイントと年収に関する調査結果を発表した。調査期間は6月20日〜28日、有効回答は30〜50代の男性323人。

○家選びの重視ポイント、1位「最寄り駅からの所要時間」

住まいを選ぶ際に重視するポイントを尋ねたところ、1位「最寄り駅からの所要時間」(19.4%)、2位「価格」(18.3%)、3位「通勤・通学手段や所要時間」(17.0%)と続き、働き盛りという世代もあってか、利便性に関係する項目が上位に入った。

重視するポイントを年収別にみると、年収200万円未満〜600万円未満のグループでは「価格」が1位を獲得。ただ、「価格」と答えた割合は年収が上がるにつれて減少し、年収200万円未満では38.5%、200万円以上400万円未満では28.0%、400万円以上600万円未満では26.8%と、最大約12ポイントの差が付く結果となった。

一方、年収600万円以上800万円未満では「通勤・通学手段や所要時間」(21.4%)が首位。また800万円以上1,000万円未満と1,000万円以上では「最寄り駅からの所要時間」(800万円以上1,000万円未満27.0%、1,000万円以上25.6%)が最多となり、高年収グループでは価格より利便性を重視する人が多いことがわかった。

同社は「"支払い"というフィルターさえなければ、本当の意味での"重視したいポイント"は変わってくるかもしれません」と分析している。
(御木本千春)

関連記事(外部サイト)