中小企業の売上げDI、7月は3カ月ぶり低下 - プラスは5カ月連続

中小企業の売上げDI、7月は3カ月ぶり低下 - プラスは5カ月連続

画像提供:マイナビニュース

日本政策金融公庫は7月26日、2017年7月の中小企業景況調査の結果を発表した。それによると、中小企業の売上げDI(「増加」−「減少」)は前月比1.2ポイント低下のプラス1.8となった。前月比が低下するのは3カ月ぶりだが、5カ月連続でプラスが続いている。

○売上げ見通しDIは8カ月連続プラス

今後3カ月(7〜9月)の売上げ見通しDI(「増加」−「減少」)は、同1.4ポイント上昇のプラス9.3。上昇は2カ月連続、プラスは8カ月連続となる。

利益額DI(「増加」−「減少」)は、同1.1ポイント上昇のプラス10.7。黒字企業から赤字企業を引いた割合は、同2.3ポイント上昇の40.7%となった。

販売価格DI(「上昇」−「低下」)は、同1.8ポイント上昇のプラス1.8。仕入価格DI(「上昇」−「低下」)は、同0.7ポイント低下のプラス15.2。従業員判断DI(「不足」−「過剰」)は、同0.2ポイント上昇のプラス23.1。生産設備判断DI(「不足」−「過剰」)は、同2.6ポイント低下のプラス1.2となった。

資金繰りDI(「余裕」−「窮屈」)は、同0.9ポイント上昇のプラス9.5。貸出態度DI(「緩和」−「厳しい」)は、同0.8ポイント上昇のプラス49.5となった。

調査時点は2017年7月中旬。調査対象は3大都市圏の同公庫取引先900社(首都圏451社、中京圏143社、近畿圏306社)で、有効回答企業数は605社。
(御木本千春)

関連記事(外部サイト)