投資信託の仕組みや種類、注意点について考える

投資信託の仕組みや種類、注意点について考える

画像提供:マイナビニュース

●投資信託の仕組みとは
「投資信託」という商品を知っていますか。内容はよくわからなくても、耳にしたことがある人は多いかもしれません。

投資信託(投信)は、少ない資金から気軽に分散投資できる商品です。さらに、積み立てを利用すれば、忙しい人でも仕事や日常生活に影響を与えず、投資を続けることが可能になります。本稿で詳しく紹介していきましょう。

○投資信託の仕組みとは

まず、投信とはどのような商品なのか確認してみましょう。投信とは、投資家から集めたお金を大きな資金としてひとまとめにし、運用の専門家が株式や債券などの金融商品に投資・運用する商品のことです。

たとえば、株式に投資する投信であれば、投資家から集めたお金を元手に、数十社から多いものでは1000社以上の会社の株を購入して、運用します。株式の投信は、たくさんの企業の株が詰め込まれたパッケージ商品のようなものと言えるでしょう。

また、投信を利用することで、個人では難しい海外の国や地域への投資も可能になります。そのため、投信の商品には、海外の先進国の企業の株式だけで構成されるようなものもあります。そのほか、株式だけでなく、債券や不動産も含まれる投信など、その中身に何があるかは商品によって異なります。

このように、パッケージ商品である投信を利用することで、少ない資金で分散投資することが可能になるのです。そのため、仮にひとつの投資先が倒産するようなことがあっても、影響を小さく抑えられます。また、専門家に運用を任せられますので、投資の判断にかける時間や労力を極力少なくできるのもメリットでしょう。

○投資信託で積み立てを利用したほうが良い理由

投信を購入するには、二通りあります。ひとつは、「スポット買い」と呼ばれる方法で、自分でタイミングを見計らい、投信を購入します。この場合、通常は、1万円程度から購入することができます。もうひとつは、「積み立て」という方法です。積み立てを利用すれば、毎月一定額を自動的に購入することができます。

●注意点を確認、おすすめの投信とは?
スポット買いは、自分の手で数回に分けて投信を買う必要があり手間がかかりますが、積み立てなら、銀行や証券会社など金融機関で投信積立サービスに一度申し込んでしまえば、毎月決められた日に決められた金額が、口座から勝手に引き落とされていきます。これなら、忙しさからなかなか時間を作れないという人でも、継続して投信を買い増していくことができますね。

しかし、積み立てをおすすめする理由はこれだけではありません。積み立てを利用する場合、大手のネット証券などでは、毎月1商品につき500円または1000円から購入できるのです。必要な資金がより低額になることで、投信を始めるハードルがだいぶ下がるのではないでしょうか。

積み立てのメリットは、手間や時間がかからず、少額から始められること以外にもあります。それは、価格変動に振り回されず、自動的に時間分配できる購入方法だということ。投信の値段は日々変動しています。自分で購入のタイミングを決めるスポット買いだと、様々な思惑が働き、冷静に判断できない局面も多々あるでしょう。その点、積み立てを利用すれば、自動的に一定額を購入することで、値上がりしている時は少ない口数を、値下がりしている時は多くの口数を買うことができます。結果的に、購入単価を平準化させる効果が得られるのです。こうした時間を分散した購入方法のことを、「ドル・コスト平均法」といいます。

○投資信託で気を付けたい点

投資信託には、投資初心者にも様々なメリットがありそうです。一方で、購入する際は、どのような点に気を付ければいいのでしょうか。

まず、専門家に運用を任せるため、手数料が発生する点です。投信には、主に2つの手数料がかかります。ひとつ目が、投信を購入する際にかかる「購入時手数料」です。中には購入時手数料のかからない商品もあり、そうした投信のことを「ノーロード」と呼びます。2つ目の手数料は、「信託報酬」です。信託報酬は、投信を保有している間、ずっと払い続ける運用管理費用となり、「投信の資産残高の○%」という具体に定められています。そのほか、厳密には手数料ではありませんが、投信の解約時にかかる「信託財産留保額」があります。

続いて、専門家に運用を任せられるからと言って、必ずしも利益が出るとは限らないという点です。資産が目減りするリスクもあることを理解し、専門家に任せっぱなしにするのではなく、運用方針を決めた上で、どのような商品に投資するのか良いか、あらかじめ調べておきましょう。

○初心者にはバランス型投信がおすすめ

数多くの商品がある投信。特に初心者の場合、どういった商品を購入するのがいいのでしょうか。おすすめは、「バランス型投信」です。バランス型は、国内外の株式や債券、不動産などがあらかじめセットで組み合わされている商品のこと。これ一本を買うことで、自分で複数の投信を購入して組み合わせたり、個別の株や債券を組み合わせたりしなくても、様々な地域や商品に分散投資することができ、値動きが比較的安定します。

それに加え、バランス型は、運用資産の中で自動的に良い配分に調整してくれるため、自分で配分を考える手間も省けます。どの商品を選択したらいいかわからない、という場合は、バランス型を一本購入してみましょう。

投資信託、中でも積み立てを利用すれば、生活に影響のない余剰資金の中から、手軽に投資を始めることができますね。長期的な視野で、コツコツとお金を増やすことを目指してみてはいかがでしょうか。

※画像と本文は関係ありません

筆者プロフィール:武藤貴子
ファイナンシャル・プランナー(AFP)、ネット起業コンサルタント
会社員時代、お金の知識の必要性を感じ、AFP(日本FP協会認定)資格を取得。二足のわらじでファイナンシャル・プランナーとしてセミナーやマネーコラムの執筆を展開。独立後はネット起業のコンサルティングを行うとともに、執筆や個人マネー相談を中心に活動中。FP Cafe登録FP。
(武藤貴子)

関連記事(外部サイト)