GMO-PG、銀行口座と連動したスマホ決済サービスを福岡銀行に提供

GMO-PG、銀行口座と連動したスマホ決済サービスを福岡銀行に提供

画像提供:マイナビニュース

GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)はこのほど、福岡銀行に「銀行口座と連動したスマホ決済サービス」の基盤システムを提供することを明らかにした。福岡銀行では本システムを採用したスマホ決済サービスを、2018年3月を目処に提供開始する予定。

GMO-PGは、GMOインターネットグループの総合的な決済関連サービスおよび金融関連サービスを提供している。2014年4月には、飲食店やアパレルなどのリアル店舗でのカード支払いをスマホアプリ上で完結することができるスマホ決済サービス「GMOスマート支払い」を開発した。

さらに同社は「GMOスマート支払い」の開発・提供で培った技術やノウハウを活用し、地方銀行や金融機関等に向け、スマホ決済サービスの開発や基盤システムの提供を行っている。2016年には横浜銀行と共同で、銀行口座と連動したスマホ決済サービス「はまPay」を開発。今回の同様の基盤システムを福岡銀行にも展開する。

福岡銀行に口座を持つ利用者(購入者)は、同サービスを利用することで、福岡銀行の加盟店において、スマホアプリからの口座引き落とし・支払いが可能となる。なお同サービスは、横浜銀行の加盟店でも利用できる。
(MN マネー編集部)

関連記事(外部サイト)