トレンドに変化? 転職成功者の平均年齢、2年ぶり低下

トレンドに変化? 転職成功者の平均年齢、2年ぶり低下

画像提供:マイナビニュース

転職サービス「DODA(デューダ)」(パーソルキャリア運営)は8月8日、2017年上半期(1〜6月)の「転職成功者の年齢調査」の結果を発表した。同調査は、2007年7月〜2017年6月にDODAエージェントサービスを利用したビジネスパーソン約13万人の転職した年齢について調べたもの。

○20代の転職が活況

2017年上半期における転職者の平均年齢は32.1歳で、2016年下半期の前回調査と比べて0.4歳低下した。低下は2015年上半期以来、2年ぶり。男女別にみても、男性は同0.2歳低下の32.8歳、女性は同0.2歳低下の29.7歳と、ともに低下した。ここ2年、転職年齢は上昇傾向にあったが、今回の調査でトレンドに変化が出たことがうかがえる。

転職成功者の内訳を年代別にみると、「25〜29歳」が37.9%と最も多く、次いで「30〜34歳」が23.5%、「40歳以上」が15.7%との順に。前回と比べると、「24歳以下」は0.5ポイント増、「25〜29歳」は2.1ポイント増となった一方、「30〜34歳」が1.6ポイント減、「35〜39歳」が0.3ポイント減、「40歳以上」が0.5ポイント減と、20代の転職成功者が増加する結果となった。

DODAは20代の転職が活況だった背景として、「新卒人材の採用が予定通りに充足できていない企業などで、新卒向けのポジションを第二新卒者まで広げて募集を進めるケースが増えたことが挙げられる」と説明。また売り手市場では応募条件を緩和する求人が増加傾向にあり、未経験者や若手人材の採用が活発化していることも一因となったと分析している。
(御木本千春)

関連記事(外部サイト)