主婦もびっくり! 飛ぶように売れる特大もも肉唐揚げで十和田の"肉力"を知る

主婦もびっくり! 飛ぶように売れる特大もも肉唐揚げで十和田の"肉力"を知る

画像提供:マイナビニュース

青森・十和田の中心部である官庁街周辺には昔、「軍馬補充部」という軍馬を買い入れ調教する施設があったという。当時は繁殖・肥育が大きな産業で、肥沃な放牧地を生かし、牛や鶏、羊などの肥育も盛んであった。それゆえに、青森は他県に比べて昔から肉を食べる機会が多いそうだ。

今回は、そんな十和田で既に全国区になっている「十和田バラ焼き」……ではなく、地元に愛されている"特大鶏もも肉"があるというので尋ねてみた。

○特大ゆえに17分じっくりと

その名も、どストレートに「からあげ屋さん」。店内にお邪魔するとよだれがスタート。おいしそうな唐揚げの匂いが充満していた。「こんにちは〜本日はよろしくお願いいたします! 」と挨拶すると、笑顔で飛び出してきた奥さまが店主の田中郁子さんだ。

「すみません、ちょっと注文が入ってるから揚げながらでもいいですか? 」と、カメラも早速厨房へお邪魔して撮影させてもらった。「見て! 大きいでしょ」と、特大鶏もも肉を見せてくれてびっくり。確かに大きい! 「あ〜らよ」っとばかりに油の中へ。

それにしても、唐揚げってもっと粉がついてるものかと思っていたんだが、見た感じは素材そのもの。味は付いているんだろうか。「味付けは全て同じで塩味になってるんです。塩は数種類をブレンドしたこだわりのもので、片栗粉をまぶしてカリカリに揚げてますよ〜。じゃあ、お話どうぞ」とのこと。あ、唐揚げができてからでいいですよ。焦げると困りますし。「特大は17分ぐらいかかるから大丈夫なんですよ」。え???

指差す先に看板が……本当だ。「だから、常連さんのお客さんは出発の20分前に電話してくるんですよ。電話してから家を出るとちょうどいいって(笑)。全てのメニューは揚げたてをお出ししてるので、うちには作り置きのものが一切ないんですよ」。確かに…ショーケースはあるが中身はなく、メニューが貼られていた。

○国産鶏でも安く提供できる理由

とっても聞きたかったが、なかなか聞きづらい質問をあえて投げ込みたい。こんなにお安いっていうことは、やっぱり海外の輸入ブロイラーとかで価格を抑えているのだろうか。「いや、違いますよ。特大鶏もも肉は全て国産鶏を使用しています。時期のおいしいものを使っているので産地はバラバラですが、八戸の業者さんにお願いして、おいしいお肉を大量に頼むことでコストを抑えています」。

主婦や料理好きの方なら分かると思うが、特大鶏もも肉が約300gだとして価格が339円。100g=約113円という価格は、スーパーの国内産鶏もも肉の安売り時の価格よりまだ安いんじゃないかっていう金額。これに揚げる手間、材料費、店の維持費を計算するととても儲かる金額ではない。

クリスマスには200本も売れるというこの忙しい店舗をひとりで切り盛りしているのは、人件費をかけられない事情もありそうだ。さすが肉の都・十和田のからあげ屋さん。やりおる! と、心の中で企業努力への惜しみない拍手を送った。

「そろそろ揚がりますよ〜」の声に慌てて厨房へ。

でかっ。スマホがなくても、十分に大きいことが伝わるのではないだろうか。このサイズ感。そしておいしそう。きゃーきゃー! 期待感が高まる。

衣がとにかくパリっとしていて、大きいのに肉質がとっても柔らかい。肉汁と一緒に旨味が口いっぱい広がり、絶妙が塩加減とスパイスが唯一無二の唐揚げに仕上げてくれている。何度でも食べたくなる、不思議な中毒性を持っている。

唐揚げとひとくくりにしては失礼な気にもなってくる。「からあげ屋さんの特大鶏もも肉の唐揚げが食べたい」と、今後は指名することにしよう。「一応、お持ち帰り専門店だけどね〜。学生さんなんかは堪らず取り出して、その辺に座って食べちゃうのよ。あっという間に。かわいくてね〜」。分かる! 若い子がガツガツ食べてるのは見ていて微笑ましい。

この地に根付いて13年。今までもこれからも地域に愛されるお店、学生がいつか上京しても帰省する度、ここの肉を食べに立ち寄る。そんなお店であり続けてほしいと思った。

●information
からあげ屋さん
住所: 青森県十和田市稲生町10-39
アクセス: 十和田観光電鉄バス・南部バス「八丁目」バス停下車徒歩1分
時間: 11:00〜19:00
定休日: 火曜日
駐車場: 2台(店前にあり)

※価格は全て税込
(福田栄美子)

関連記事(外部サイト)