AV・ITの市場縮小に底打ち - 2017年上半期 家電・IT市場の販売動向

AV・ITの市場縮小に底打ち - 2017年上半期 家電・IT市場の販売動向

画像提供:マイナビニュース

●国内家電の販売動向は? (1)
GfKジャパンは8月14日、「2017年上半期 家電・IT市場の販売動向」を発表した。同調査は、全国の有力家電・IT取扱店(家電量販店、地域家電店、総合量販店、カメラ専門店、携帯電話専門店、ネット通販等)からPOSデータ等を収集。統計的な手法に基づき全国市場規模相当に拡大推計したもの。

○国内家電流通

2017年上半期の家電小売市場は、前年並みの販売水準となった。ここ数年低調だったAV、ITの市場縮小に底打ち感が見られ、2017年通年の見通しとしては、2016年の市場規模7兆円をやや上回ると予測。7月の猛暑を受け、足元で季節家電の販売が前年を大きく上回っていることも押し上げ要因といえる。

販売形態では、インターネット販売が緩やかではあるものの成長を維持しており、2017年通年の家電小売市場における金額構成比は13%程度を見込んでいる。

○AV市場

2017年上半期のAV市場は、4Kテレビ、マルチチューナー搭載BDレコーダー、Bluetoothオーディオといった高付加価値製品の販売伸長に下支えされ、縮小に歯止めがかかった。

薄型テレビの販売台数は前年並みの240万台で、エコポイント等の後押しがあった2009年頃に購入されたテレビの買い替え需要が徐々に顕在化しているよう。4Kテレビについては40〜45インチなどの小型サイズが好調で、販売台数は前年同期の1.6倍となる70万台に。薄型テレビに占める4Kテレビの構成比は数量ベースで29%、金額ベースでは59%に達した。有機ELテレビは、数量構成比は薄型テレビ全体の1%未満であるものの、販売数量は前年同期の9倍に増加。こうした大画面製品の販売好調により、薄型テレビの税抜き平均価格は7万2,700円と前年同期から2%上昇。結果、薄型テレビの金額前年比は1%増となった。

BD/DVDについては、BDレコーダーが前年比4%減の90万代、DVDプレーヤーが同4%減、BDプレーヤーが同2%減となり、全体では同4%減の180万台となった。BDレコーダーでは、安価なシングルチューナー搭載機やダブルチューナー機が縮小した一方で、3基以上のチューナー搭載機は26%(同21%)へ拡大。結果としてBDレコーダーの平均価格は前年同期から1%上昇した。

ヘッドホン/ヘッドセットは、前年比5%減の940万本。数量ではマイナス成長となったものの、高付加価値製品の伸長により平均価格が上昇したことで金額ベースでは同3%の増加。ワイヤレスタイプの需要拡大が顕著で、特にBluetooth対応機は数量前年比38%増となり、市場における構成比は数量ベースで20%、金額ベースで39%へ拡大した。

○テレコム市場

携帯電話については、フィーチャーフォンが数量前年比13%減となったものの、携帯電話販売の86%を占めるスマートフォンが1,280万台(同+2%)と下支えし、全体では前年から横ばいの1,480万台となった。契約種別毎に前年比をみると、機種変更が横ばいであったのに対し、MNPを含む新規契約は8%の減。一方で、SIMフリースマートフォンは数量構成比でスマートフォンの8%を占めるまでに拡大した。

ウェアラブル端末は前年比13%減の50万台。スマートウォッチは丸型ディスプレイタイプの販売好調により数量前年比38%増、スポーツウォッチは同18%増と前年を上回ったが、一方で、フィットネストラッカーは39%の減少に。ウェアラブル端末の平均価格は、単価の高いスマートウォッチとスポーツウォッチの構成比拡大により、前年同期から3割超上昇する結果となった。

●国内家電の販売動向は? (2)
○IT・オフィス市場

IT・オフィス市場では、パソコン、タブレット端末をはじめ、市場縮小からの回復傾向が見られた。

パソコンは前年比6%増の620万台。リテール市場は同2%増の170万台と、14年上半期以来のプラス成長となり、スマートフォンの登場以降続く市場縮小が底を打ちつつある。リセラー市場は同8%増と前年に続き堅調な販売となった。タブレット端末は前年比4%増の350万台。リテール市場は前年のマイナス成長から回復し、同4%増の210万台に。前年同期は2桁減であったリセラー市場は、数量前年比1%増に転じた。企業においても端末の買い替え需要が顕在化してきているとみられる。

パソコンとタブレット端末と合わせてみると、市場規模は前年比5%増の970万台。このうちタブレット形状デバイスが占める割合は、前年同期の43%から42%へ縮小した。

○イメージング市場

デジタルカメラは前年比16%減の170万台となった。コンパクトカメラが数量前年比22%減、一眼レフカメラが同19%減となった一方で、ミラーレス一眼カメラは同10%増と成長基調に転じ、結果、コンパクト、一眼レフ、ミラーレスの販売数量比率は63:20:17となった。また、交換レンズ市場は前年比3%減の38万台となったが、ミラーレス一眼用については8%増加しており、本数構成比では交換レンズの38%を占める結果となった。

○生活家電市場

生活家電市場は、主要生活家電を中心に概ね堅調に推移した。

冷蔵庫は前年比1%減の220万台。容量クラス別の数量構成比は、小容量クラス(200L以下)が45%、中容量クラス(201〜400L)が22%、大容量クラス(401L以上)が33%と、前年同期から大きな変化はみられなかったが、ガラスドアの搭載が中容量クラスなどでも増加したため、冷蔵庫の平均価格は前年同期から2%上昇。ガラスドア搭載モデルの数量構成比は家電量販店では3割を超えた。

洗濯機は前年比1%増の260万台。縮小基調にあった縦型は数量前年比3%増、昨年堅調だったドラム式は同7%減と対象的な動きとなり、この結果、縦型、ドラム式、二槽式の販売数量比率は87:10:3となった。洗濯容量別にみると、大容量クラスが若干増加しており、特に10kg以上のモデルが好調。大容量クラスの好調に後押しされ、洗濯機の平均価格は前年同期から3%上昇し、洗濯機の金額規模は前年比4%増となった。

エアコンについては、5月までは前年を上回ったものの、夏商戦が本格化する6月に全国的に気温が平年を下回ったことから販売が伸び悩み、結果、前年から横ばいの360万台という結果に。機能搭載をみると、自動フィルタークリーニング機能は数量構成比で48%と前年同期並み、人感センサー機能は40%と僅かに縮小。一方で、スマートフォン連携は前年同期から9pt拡大し71%に達したが、同機能を重視してエアコンを購入する消費者は極めて少ない状況にある。エアコンの平均価格上昇は継続しており、金額ベースでは前年比2%増となった。

掃除機は前年比1%減の400万台。キャニスタータイプ(前年比-14%)から、スティックタイプ(同+22%)やロボットタイプ(同+14%)への買い替えが加速しており、特に、スティックタイプではコードレスが好調だった。掃除機の平均価格は前年同期から変動がなかったため、金額前年比も1%減となった。
(CHIGAKO)

関連記事(外部サイト)