エア・カナダ、成田=モントリオール線就航へ--2018年6月時には毎日運航

エア・カナダ、成田=モントリオール線就航へ--2018年6月時には毎日運航

画像提供:マイナビニュース

エア・カナダは8月23日、東京(成田)とモントリオールを結ぶ唯一の直行便の運航を2018年6月2日に開始すると発表した。エア・カナダの主力機材であるボーイング787ドリームライナーでの運航となる同便は、夏の旅行シーズンには毎日、また、冬期には週3便にて通年運航を予定している。

この新たな太平洋線の運航は、エア・カナダのハブであるモントリオールでのケベックシティ、オタワ、ハリファックス、シャーロットタウン、ボストン、フィラデルフィア、オーランドとの接続、東京(成田)での日本国内およびアジア各都市との便利な接続を可能にする。今回の就航を記念し、8月24日よりエコノミークラス往復7万5,000円からの就航記念セールを実施する。航空券はaircanada.comと旅行代理店にて購入できる。

エア・カナダの社長兼最高経営責任者であるカリン・ロヴィネスク氏は「弊社は、今後もモントリオールをハブ空港として戦略的に確立させていくことにより世界展開を図っていく予定であり、モントリオールと日本を結ぶ初めての定期便となる東京への直行便の就航を大変うれしく思っております。これにより、東部カナダ、アメリカ合衆国北東部から日本及びアジアへのより快適なアクセスをお客様に提供することが可能となるほか、エア・カナダが今後も拡大が見込まれるモントリオール−アジア市場のリーダーとしての戦略的地位を確立すると同時に、トロント、バンクーバー、カルガリーと東京を結ぶ現在の運航便を補完することが可能となるでしょう。

また、先日就航を果たしたモントリオールと上海、北アフリカ、ヨーロッパを結ぶ直行便に続き、この新たな太平洋線は、エア・カナダが現在取り組んでいる世界成長戦略を更に推し進めると同時に、新たにエア・カナダのフライトアテンダント、パイロット、空港職員の計130のポジションを創出するなど、モントリオールに重要かつ直接的な利益をもたらします」とコメントしている。

ボーイング787ドリームライナーは、人間工学に基づき快適さを追求したシートと、さらに鮮明度が増した個別のタッチスクリーンによる機内エンターテインメントを楽しめる3クラスを設けている。ビジネスクラスでは、どの席からも直接通路に出ることができるよう配列されたフルフラットシートを採用。

また、プレミアムエコノミーの客室は、ワンランク上のスペースとなっており、ゆったりとした座席、足元、リクライニングのほか、プレミアムな食事や無料のバーサービス、空港での優先チェックイン、受託手荷物の優遇取り扱いなどを利用できる。エコノミークラスの客室は、より空間の広がりを快適に楽しめるようスリム化されたシートやオンデマンドでお好きな時間に自由に楽しめる最新の機内エンターテイメントシステムを採用している。

全てのフライトで、アエロプランのマイレージ加算及び特典交換やスターアライアンスの様々な特典を享受できるほか、利用状況に応じて、優先チェックイン、モントリオール空港でのメープルリーフラウンジ、優先搭乗などを利用できる。

関連記事(外部サイト)