金沢市に続け! 石川県加賀市が一丸となって新幹線誘致プロジェクトを始動

金沢市に続け! 石川県加賀市が一丸となって新幹線誘致プロジェクトを始動

画像提供:マイナビニュース

石川県加賀市は8月28日、プロジェクトムービー「加賀市新幹線対策室 Season1」を、同市「東京2023加賀プロジェクト」サイトにて公開した。

同市では、2023年に控える北陸新幹線の延伸に伴って、同市加賀温泉駅への新駅誘致をはかるべく加賀市新幹線対策室を設置。市役所・市民が一丸となって取り組む新幹線誘致プロジェクト"東京2023加賀"を発足した。今回公開した動画は、同プロジェクトの発足に伴い、この新幹線対策室を舞台にしたプロジェクトムービーとなる。

2015年3月に東京〜金沢を結ぶ形で開通した北陸新幹線は、2046年の全線開業(東京〜北陸〜大阪)に先立ち、2023年に現在の発着点金沢駅から福井県敦賀駅までの延伸を予定している。この延伸区間の中間停車駅の候補となっている加賀温泉駅への新幹線誘致は、新幹線構想の発足以来、同市にとって悲願とも言えるものであり、先行して北陸新幹線開通の栄誉を勝ち取った県庁所在地・金沢市の発展を横目に、市役所職員・市民が"次こそは"と思いを募らせる日々だったという。

今回のプロジェクトは、延伸区間の正式決定ならびに中間停車駅の最終検討段階に入ったことを受けて、悲願達成にむけて市役所・市民が一丸となって、北陸新幹線新駅としての加賀市の魅力を県内外にアピールするために発足したもの。プロジェクトの発足に伴い、発足日である8月28日よりドラマ仕立てのプロジェクトムービー「加賀市新幹線対策室 Season1」全4篇を公開した。

同ムービーは、加賀市新幹線対策室を舞台に、熱血室長「加賀停太郎」をリーダーとした所属メンバー一同が新幹線停車駅誘致に全力を尽くす、ドキュメンタリータッチの作品。撮影には加賀市のPRユニット「LADY KAGA(レディー・カガ)」や加賀市役所の職員、加賀市民ら総勢約50名がキャストとして参加した。随所に先行して新幹線が開通し、観光都市として大きな発展を遂げる金沢への羨望と嫉妬心、そして何としても"加賀温泉駅に北陸新幹線を"という市民の熱く、切実な思いが込められたムービーとなっている。

全4篇からなるムービー内には随所に、ロケ地として協力を得た加賀市内のさまざまなスポットも登場。独特な世界観で"パラダイス"とも称される人気スポット「加賀市中央公園」や、日本海の大パノラマを楽しめる景勝地「加佐ノ岬」、加賀温泉郷の名旅館など、加賀市の多彩な名所&迷所を舞台にドラマが繰り広げられる。

加賀停太郎役の横田栄司氏以外のキャストは全て加賀市民。撮影当初は、ぎこちなく何度もテイクを重ねていたが、横田氏の迫力ある演技に引っ張られ徐々に役者の顔つきに変化し、横田氏や監督が驚くほど演技の上達が見られた。この加賀市民の演技力や表情も見どころのひとつとなっている。
(エボル)

関連記事(外部サイト)