JAL国内線でCAが都道府県「JAL TODOFUKEN SEAL」配布--"縁"でおもてなし

JAL国内線でCAが都道府県「JAL TODOFUKEN SEAL」配布--"縁"でおもてなし

画像提供:マイナビニュース

JALグループでは10月3日〜2019年3月31日、国内線に乗務するJALおよびジェイ・エアの全ての客室乗務員を通じて、客室乗務員は着用している「縁(ゆかり)都道府県バッジ」と同じ都道府県の風景がデザインされたシール「JAL TODOFUKEN SEAL」(縦5.5cm×横4.5cm)を希望者に配布する。

「縁(ゆかり)都道府県バッジ」は、「お客さまとの繋がりをこれまで以上に大切にしたい」という客室乗務員の想いを形にするためのバッジで、国内線に乗務する全ての客室乗務員が、自身に縁(ゆかり)があり、最も親しみを感じる都道府県の形をデザインしたバッジを着用している。なお、着用するバッジは客室乗務員一人ひとりが最も親しみを感じる都道府県を選択したもので、必ずしも出身の都道府県とは限らない。

6月までは、このバッジと同じ都道府県をデザインした「千社札シール」を配布していたが、第2弾として10月3日より、「JALTODOFUKEN SEAL」を用意する。このシールは全国の都道府県、各地を代表する名勝などを描いたシールであり、客室乗務員から「縁(ゆかり)都道府県バッジ」と同じ都道府県のシールを渡して、コミュニケーションのきっかけをつくることを目指している。

「JALTODOFUKEN SEAL」配布期間は10月3日〜2019年3月31日で、対象便はJ-AIR運航便含むJAL国内線全線であり、そのほかのJALグループ航空会社運航便、FDA運航によるコードシェア便は対象外となる。シールは希望者のみで、全ての乗客に配布するものではない。

関連記事(外部サイト)