「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」六本木で開催! 現代美術との競演が実現

「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」六本木で開催! 現代美術との競演が実現

画像提供:マイナビニュース

東京都港区の六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーは11月1日〜1月8日まで、「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」を開催する。同展では、日本の現代美術を牽引するアーティスト28組が参加し、ドラえもんと現代アートの競演が実現する。

画家の近藤智美さんは、『映画ドラえもん のび太と鉄人兵団』(1986年公開)に登場する鏡面世界を表現した作品を制作。作中でのしずかちゃんの『ときどきりくつにあわないことするのが人間なのよ』という言葉が作品のハイライトになったといい、" 人間の矛盾"を掘り下げた作品となっている。

作品上部は2045年、下部は映画公開の原作のマンガがスタートした1985年をテーマにしており、鏡面世界と現実の中で、誰もが感じるノスタルジーの部分に働きかけるため、自身のドラえもんの記憶などの思いついたモチーフが描き込まれている。

画家の篠原愛さんは、『映画ドラえもん のび太の魔界大冒険』(1984年公開)より、人魚たちが歌でドラえもんたちをおびき寄せ、危うくツノクジラに食べられそうになったシーンをモチーフに制作した『To the Bright 〜のび太の魔界大冒険〜』を展示する。

原作のツノクジラはドラえもんたちを惑わせようとするが、作品ではツノクジラや人魚の造形を少し変え、敵対するイメージを和らげている。皮膚や鱗の表現、人魚の質感、ドラえもんとのび太の浮遊感など、原作との違いやリアルさを感じられる仕上がりになっている。

水墨画家の山口英紀さんとペーパーアーティストの伊藤航さんは、共作で『映画ドラえもん のび太と雲の王国』(1992年公開)に登場するひみつ道具をモチーフに制作した『ドラえもん ひみつ道具図典 〜タケコプター〜』を制作した。

伊藤さんが制作したペーパークラフトのひみつ道具を山口さんが水墨画で細密模写し、説明文を付けている。紙でリアルに目の前に具現化された未来のひみつ道具と、そのひみつ道具が懐かしいものであるかのような説明描写で、時空の不思議な関係性が導き出されている。

画家の山本竜基さんは、タイムマシンが故障する設定がある『映画ドラえもん のび太の恐竜』(1980年公開)をベースに制作。故障したタイムマシンが、山本さん自身の自画像が増殖した異次元空間に迷い込むという設定で、浮遊するドラえもんたちやエフェクト効果により、迫力のある作品に仕上がっている。

同展監修者の山下裕二さん(美術史家・明治学院大学教授)は、「(今回参加する28組の作家のうち)約半数は、村上隆をはじめとする、だれもが納得する、現時点での現代美術のトップランナーたちである。残りの約半数はこれから大いなる可能性がある若き作家たち。彼らが懸命に『あなたのドラえもんをつくってください』という依頼に応えて、素晴らしい作品をつくってくれた。私はむしろ彼らの作品こそ観てほしいのである。トップランナーたちの作品はもちろん素晴らしいだろうが、それに負けない作品をつくってくれたと確信している」とコメントしている。

同展営業時間は10時〜20時(火曜日は17時)。入場は閉館の30分前までで、会期中は無休となる。観覧料は一般が当日1,800円/前売り1,600円、中学生・高校生が当日1,400円/前売り1,200円、4歳〜小学生が当日800円/前売り600円となる。前売り券は10月31日までの販売となる。

関連記事(外部サイト)