「グランエミオ所沢」誕生! BEAMSやユニクロから飲食店まで約120店舗が出店

「グランエミオ所沢」誕生! BEAMSやユニクロから飲食店まで約120店舗が出店

画像提供:マイナビニュース

住友商事と西武グループが2014年より推進している「所沢駅東口駅ビル計画」の商業施設名称が、「グランエミオ所沢」に決定した。開業は、2018年3月上旬を予定している。

グランエミオ所沢の構想は、商業施設開発を中心としたI期計画と、新改札の設置や駅施設・線路上空の商業施設開発を中心としたII期計画から成り立っている。今回は第I期の開業で店舗数は約80店舗の予定。第II期の開業は2020年夏を予定しており、約40店舗が出店する。

同施設は、1階が食品・日用品フロア、2階がトレンド発信・駅ビルファッションの充実したフロア、3階が駅利用者・周辺生活者向けライフスタイルフロア、4階がカルチャーと公共施設フロアとなる。

第I期では、所沢エリア初出店となるアパレルブランド「B:MING LIFE STORE by BEAMS」や「URBAN RESEARCH DOORS」のほか、幅広い世代から高い支持を集める「ユニクロ」等が出店。ほかにも、エリアのファッションシーンを牽引するテナントや、西武鉄道沿線の有名店舗「焼肉 八坂 あら川」「CANTINA」「UNDERGROUND RAMEN頑者」、「京都 八百一」「魚力」「TAKAGI FOODS」と、生鮮三品を含むバラエティ豊かな食物販店舗を展開する。

施設概要
所在地:埼玉県所沢市くすのき台一丁目1番他
敷地面積: 約3万9,400平方メートル
延床面積: 約11万6,000平方メートル(増築: 約6万6,400平方メートル、既存:約4万9,600平方メートル)
構造: 鉄骨造
階数・高さ: 地上5階・地下2階最高高さ29.65m
店舗面積: 約1万8,500平方メートル
店舗数: 約120店舗(I期: 約80店舗、II期: 約40店舗)
駐車場: 約500台(I期: 約380台、II期: 約120台)
駐輪場: 約1,600台(I期: 約780台、II期: 約820台)
工期: 2016年8月〜2020年6月(予定)
開業時期: I期2018年3月上旬(予定) II期2020年夏(予定)
事業主: 西武鉄道
賃貸人・企画・開発・施設管理: 西武プロパティーズ
賃借人・企画、開発支援、商業施設運営管理: 住友商事、住商アーバン開発

関連記事(外部サイト)