エアバス、A330-800初号機の最初の部品を各施設で生産--2018年に初飛行へ

エアバス、A330-800初号機の最初の部品を各施設で生産--2018年に初飛行へ

画像提供:マイナビニュース

エアバスは現地時間の10月6日、A330neoファミリーの2番目にあたるA330-800初号機の最初の部品の製造が順調に進んでいることを発表。A330-800の生産は、2017年末までに最終組立開始に向けて継続し、2018年の初飛行に備える。

これらの部品には、ブレーメン(ドイツ)と航空宇宙事業本部(KAL-ASD)の新しい複合材製のシャークレット、ハンブルク(ドイツ)の胴体、トゥールーズ(フランス)の新しいチタンパイロン、ナント(フランス)のセンターウィングボックスなどが含まれている。

A330-800は、600機以上を送り出したA330-200の成功を基に構築されており、250席クラスの飛行機市場に新世代の経済性と快適性をもたらすとしている。先行して開発中の300席クラスのA330-900と99%の共通性を共有しているため、運航者はネットワーク内で両方の航空機を使用することが可能となる。全てのA330は同じ生産ライン上に構築されており、市場の要求に応じて柔軟に対応できる。

現行のA330と比較して座席あたりの燃費を14%減、また、メンテナンスコストを削減し、A330の市場で最も優れた99.5%の動作信頼性を得ることができる。さらに、A350 XWBに搭載され受賞歴のある新しい客室「エアスペース(Airspace)」を導入する。そのほか、最新の機内エンターテインメントや新しいエントランス、広々とした天井と荷物入れ、ムード照明、静粛性の高い機内などを備える。

関連記事(外部サイト)