オオグソクムシにも触れちゃう!? この冬限定の深海生物展が開催

オオグソクムシにも触れちゃう!? この冬限定の深海生物展が開催

画像提供:マイナビニュース

サンシャイン水族館(東京・池袋)は2018年1月13日〜3月11日の期間、深海に棲む生き物を観て・触れて・味わえる冬限定のイベント「ゾクゾク深海生物2018」を開催する。

同イベントでは、デリケートで長期飼育が難しく水族館ではなかなか見ることができない「メンダコ」や「タチウオ」、深海生物の代表的存在の「ダイオウグソクムシ」、魚なのに泳ぎが不得意でめったに動かない「ミドリフサアンコウ」など、珍しい生物を多数展示する。

また、「ユウレイイカ」や「オオグソクムシ」など、約20種類の樹脂標本の展示も行う。普段は見ることが難しい角度からも深海生物を観察できるのが嬉しい。

この期間にしか体験できない、深海に棲む生物に触れる「ゾクゾクタッチ」もお見逃しなく。「オオグソクムシ」や「オキナマコ」など、あまり見る機会のない深海生物の奇妙なビジュアルには、誰もがゾクゾクしてしまうに違いない。

館内「カナロア カフェ」では、「パティスリースワロウテイル」が展開するブランド「お菓子な水族館」とコラボレーションを行い、深海生物をモチーフにしたさまざまなメニューを提供する。2018年1月13日〜2月9日の期間に「サンシャイン水族館オリジナル ミドリフサアンコウケーキ」と「リュウグウノツカイケーキ」を、2018年2月10日〜3月11日の間は「サンシャイン水族館オリジナル メンダコケーキ」と「グソクムシケーキ」を数量限定で販売(各650円)。スイーツ以外にも、アンコウの竜田揚げを使用した「アンコウラップサンド」(650円/本)を販売する。

さらに、2018年2月23・24日の17時以降は、深海生物で出汁を取った味噌汁「深海汁」(300円)を数量限定で販売する。

もちろんグッズも大充実。「サンシャイン水族館オリジナル ミドリフサアンコウがま口」(864円)や「サンシャイン水族館オリジナル ダイオウグソクムシスリッパ」(2,592円)、「ミドリフサアンコウ ぬいぐるみ」(3,024円)など、可愛いものからリアルなものまで幅広く取り揃えている。

期間中は、水族館スタッフが厳選したグッズを販売するネットショップ「いきも〜る」においても「深海特集」を実施する。同ショップには「カップメンダコ」(3,024円)、「サツマハオリムシTシャツ」(3,500円)、「ラブカぬいぐるみ」(8,000円)など、さまざまなテイストのグッズがラインナップしている。一部の商品は、館内ショップ「アクアポケット」においても販売を行う。

営業時間は10〜18時(最終入場は17時まで)、入場料金は高校生以上が2,200円、小・中学生が1,200円、4歳以上の幼児が700円となる。

※価格は全て税込

関連記事(外部サイト)