スカイマーク、ソフトバンクと協業でVRを活用した研修コンテンツの導入へ

スカイマーク、ソフトバンクと協業でVRを活用した研修コンテンツの導入へ

画像提供:マイナビニュース

ソフトバンクとスカイマークはこのほど、航空機の安全運航に向けた取り組みの一環として、VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)技術を活用した映像コンテンツによる研修効果を検証すると発表した。

VR映像の活用により、ユーザーは普段あまり体験することのない状況を仮想体験することができ、より具体的なイメージを持つことができる。360度のVR映像を従来の研修・訓練などに導入することで、技能向上や知識習得などに有効活用が期待できることから、両社はVR映像を活用できる研修や訓練などの項目とコンテンツの検討を進めていく。

関連記事(外部サイト)