年度末の部屋選び & 引っ越しお得術

年度末の部屋選び & 引っ越しお得術

画像提供:マイナビニュース

3月に入り、新年度を迎えるに当たって、引っ越しを控えている人も多いのではないでしょうか。3月末入居に伴う引っ越し枠の争奪戦は経験した人でないとわからないくらい、想像を絶するものがあります。
○3月末の引っ越しは料金が3倍になることも

2月中旬から4月上旬の引っ越しは繁忙期となり、通常料金から3倍跳ね上がる業者もあるほどです。これから土日祝日の引っ越しを業者で頼む場合は、注意が必要でしょう。

また、「フリー便」といった日時を指定しない分、引っ越し料金が割安になるプランも、この繁忙期には適用されないことも多いので、引っ越し費用は多めに用意をしておくとよいでしょう。とはいえ、業者選びには複数社での見積もりが必須です。

業者によってもサービスの範囲が異なります。梱包をしてくれるのはどこまでなのか、梱包資材をどれだけ無料で提供してもらえるのか、引っ越し後の段ボールの引き取りがあるのかなど、細かい諸条件の確認をして見積もりを出してもらうことで必要とするサービス内容と料金を抑えられます。単身パックでも家族でも、引っ越しをするなら遅くとも2週間前には見積もりを取りましょう。
○引っ越し前には荷物を減らすのが鉄則

引っ越し時、早めに必要なものとそうでないものの分別をしておきます。数日前に考えるのではなく、時間に余裕があれば、アプリなどを利用して不用品を売って換金することもできるでしょう。

粗大ごみの回収日に合わせることもできるので、処分費用の節約にもなります。リサイクルショップも繁忙期ですので、買い取りに時間がかかることがあります。平日の午前中を狙うなど繁忙期でも比較的空いている時間を狙いましょう。
○賃貸物件は条件を選り好みしていると、物件が決まらないことも

このシーズンは賃貸物件も争奪戦必須です。その理由は、契約によっても異なりますが、退去予告は引っ越しの1カ月もしくは2カ月前だからです。つまり、3月退去の場合は、1月もしくは2月までに予告をすることになります。

それを踏まえて、賃貸物件の募集をかけることになりますので、3月末までに入居をするのであれば既存の空物件もしくは退去予定物件を抑えることになります。あまり選り好みをしているとどんどん物件がなくなってくる可能性もあります。

賃貸物件を借りる際は必ず審査があり、審査が通ってから契約に進みます。場合によっては審査に通らないこともあります。それはご自身にも起こりうる可能性はありますし、先に申し込みをした人にも可能性はあります。既に申し込みがされている物件だからと言ってあきらめずに、2番手申し込みをするのも手です。

また、キャンセル物件が出ることもあります。そういった情報を取り逃さないためにも、自分自身での不動産情報サイトでの情報収集だけでなく、不動産業者との連絡もこまめにしておくとよいでしょう。不動産業者は業者間サイト(レインズやATBB)といったものがあり、一般の人から見ることができる不動産情報サイトに掲載されていない物件情報が掲載されていることもあります。

一方、不動産情報サイトに掲載されていても、既に契約が終了していることもあるので、こうした情報をいち早く提供してもらうためにも、早めに不動産業者に足を運んで担当者とコミュニケーションをとることをおすすめします。この時期は不動産業者も忙しいので、自分からどんどん行くことも大切です。

早めの行動と情報収集がこの時期の引っ越しのカギと言えるでしょう。

※画像は本文とは関係ありません。

○丸山晴美(まるやま はるみ)

外国語の専門学校を卒業後、旅行会社、フリーター、会社員、コンビニ店長へと転職。22歳で節約に目覚め、年収が350万円に満たないころ、1年で200万円を貯める。26歳でマンションを購入。2001年に節約アドバイザ―として独立。ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザーの資格を取得し、お金の管理、運用のアドバイスなどを手掛け、TV、雑誌などで幅広く活躍している
(丸山晴美)

関連記事(外部サイト)