カプセルホテルにアート+未来感な「ザ・ミレニアルズ 渋谷」誕生

カプセルホテルにアート+未来感な「ザ・ミレニアルズ 渋谷」誕生

画像提供:マイナビニュース

グローバルエージェンツは3月15日、ミレニアル世代向けに特化した宿泊施設「The Millennials Shibuya(ザ・ミレニアルズ 渋谷)」をオープンする。オープンを記念して、開業前である3月10〜11日の2日間限定で、20室全てのアートポッドを見学可能な「20人のアートポッド展」を開催する。

同施設では、カプセルホテルの形態をテクノロジーにより応用することで、高い居住性と機能性・エンターテイメント性を備えた客室ユニット「スマートポッド」を開発し、カプセルホテルそのものを再定義した。さらにアートを融合させることで従来のカプセルホテルにはない高いライフスタイル性を発信していこうと考え、アーティストとのコラボレーションを企画した。

インスパイアされたミニマルな空間に、iPodひとつで操作可能なリクライニングベッドや80インチプロジェクター等の様々な機能を装備し、未来を感じさせる宿泊体験を提供する。 さらに今回のオープン限定の特別企画として、著名アーティストを招聘し、ポッドそのものをキャンバスに見立て、20人の著名アーティストが20室のポッドに自由な発想でアートを描き、「アートポッド」として期間限定で営業する。

また、開業前である3月10〜11日の2日間限定で20室全てのアートポッドを見学可能な「20人のアートポッド展」を開催する。なお、開業後は20室全てのアートを見ることはできないため、一同に楽しめるのはこの2日間のみとなる。

アーティストは、鎌倉市在住のイラストレーターでアニメや広告を中心に装丁や雑誌、Tシャツデザインなど幅広く活動中のJun Osonをはじめ、東京を拠点にノルウェー・南アフリカ・スペインなど国内外のミュージシャンへのイラスト制作、映画やファッションブランドとのコラボなど幅広く活動するイラストレーター/アーティストのWALNUTなど、渋谷界隈はもちろんTV番組や映画、アパレル業界など様々なジャンルの国内外で活躍する豪華な20人が集結。

今回の企画では、スマートポッドそのものをキャンバスに見立てて、20人のアーティストがポッド壁面にアートを描いている。スマートポッドの特徴であるリクライニング機能や照明をうまく活用し、ベッドの状態や照明のオンオフによって楽しみ方が変わるなど、様々な工夫を凝らした個性あふれる20人のアートワークは、アーティストのファンだけでなく誰もがワクワクできる仕上がりになっている。アートポッドに予約することで好きなアーティストのポッドに宿泊可能。1日ひとりだけが、ひとりのアーティストによるアートに囲まれて泊まることができる特別な体験を提供する。

3月10〜11日開催の「第一章『見る』 20人のアートポッド展」は、各日11:00〜18:00に開催。予約不要で誰でも入館可能。4階のレセプションフロアでは、各アーティストのグッズも販売する。

3月15日からの営業開始後は、「第二章『泊まる』 泊まれるアート展」と題し、ホテルの予約サイト上で「アートポッド」を予約の上、誰でも宿泊ができる。希望のアーティストがいる場合は、チェックイン時にリクエストすれば、空室に応じて案内される。

「ザ・ミレニアルズ 渋谷」の所在地は東京都渋谷区神南1-20-13で、各線「渋谷」駅から徒歩6分。3階にはコワーキングスペース/バンケットホール、4階にはレセプション/ロビー/キッチン、5〜10階には宿泊フロア(うち、アートフロアは5階)で、客室数は120室(うち、アートポッド20室)となる。客室は6,000円前後。

全アーティスト一覧(全20名、順不同)
Luis Mendo/Andrew Joyce/Mariya Suzuki/WALNUT/Jun Oson/Yuko Kanatani/Ai Fukasawa/Shibuya Tadaomi/HITOTZUKI/cookieboy/Yusuke Kaneko/Hanai Yusuke/Washio Tomoyuki/Niky Roehreke/Charlene Man/Wakana Yamazaki/STEREO TENNIS/Yui Horiuchi/Shinpei Onishi/Nico Leon(MARVEL)

関連記事(外部サイト)