名古屋に「ららぽーと名古屋みなとアクルス」9月開業 - 217店舗が出店

名古屋に「ららぽーと名古屋みなとアクルス」9月開業 - 217店舗が出店

画像提供:マイナビニュース

三井不動産はこのほど、9月に開業を予定している愛知県名古屋市の商業施設の名称を「三井ショッピングパーク ららぽーと名古屋みなとアクルス」に決定したことを発表した。

同施設は、大規模複合再開発事業によって新しく誕生する「みなとアクルス」内に立地し、まちの賑わいを創出する中核機能を担うという。敷地面積は約8万3,200平方メートルで、店舗面積は約5万9,500平方メートル。地上4階建(一部2階建)で、そのうち1〜3階には店舗が入る。

このほど、出店が決定している全217店舗中、160店舗を先行発表した。ファッションは「アース ミュージックアンドエコロジー ナチュラルストア」「ナチュラルビューティーベーシック」「ライトオン」「コムサスタイル」「ニコアンド」「ウェルホール」など40店舗。

ファッション雑貨・雑貨・その他はベビー服、ベビー用品の「アカチャンホンポ」、ジュエリーの「アガタ パリ」、服飾雑貨、生活雑貨の「アフタヌーンティーリビング」、家具、インテリア、雑貨の「フランフラン」、玩具の「トイザらス」など55 店舗。

そのほか、「auショップ」「ソフトバンク」といった携帯電話ショップ、「QBハウス」「イレブンカット」といった美容室や理容室、英語教室「ベネッセの英語教室 BE studio」、 保育所「ららら保育園♪」などのサービス店舗が19店舗、ベーカリー「ドンク/ミニワン」、スーパーマーケット「アオキスーパー」、洋菓子「モロゾフ」といったスーパー・食物販が17店舗
出店する。

レストラン・カフェは、「回転すしレストラン (仮称)廻鮮江戸前すし魚魚丸」、ベーカリーレストラン「メゾンカイザー」、スターバックスコーヒーなど16店舗。フードコートには、「タリーズコーヒー」「マクドナルド」「中華そば専門 田中そば店」など13店舗が出店する。

同施設は交通アクセスにも優れており、市内を南北に結ぶ主要幹線道路の名古屋市道「江川線」に敷地東側で接する。名古屋市営地下鉄名港線「港区役所」駅まで約150m、「東海通」駅まで約200mと、2駅から徒歩2〜3分でアクセスが可能。名古屋市営バス「港区役所」など利用可能な公共交通機関も充実しており、敷地内にはバスやタクシーの発着場となる交通広場が整備される。
(フォルサ)

関連記事(外部サイト)