ホンダジェット、インドで受注開始--販売拠点"HondaJet India"を設置

ホンダジェット、インドで受注開始--販売拠点"HondaJet India"を設置

画像提供:マイナビニュース

ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)はインド時間の3月8日、インド・ハイデラバードのベーグムペート空港で開催中の航空ショー「ウィングス・インディア2018(Wings India 2018)」において、ホンダジェットをインドで初公開するとともに、同国内での受注を開始したと発表した。

HACIは、ニューデリー市に拠点を置くアロー・エアクラフト・セールス・アンド・チャーターズを販売代理店「HondaJet India」として指定し、インドにおけるホンダジェットの受注を行う。アロー・エアクラフト社取締役のロイット・カプール氏は、「この度、HondaJet Indiaとして販売代理店に指定されたことを大変うれしく思います。高い性能や快適性を誇るホンダジェットは、成長を続けるインドの航空市場に大きな変革をもたらすものと期待しています」とコメントしている。

ホンダ エアクラフト カンパニー社長の藤野道格氏は、「HondaJet Indiaという販売拠点が設けられたことで、アロー・エアクラフト社の強力な販売力により、今後、成長が見込まれるインド市場においてもホンダジェットが広く受け入れられていくと確信しています」とコメントしている。

ホンダジェットは、主翼上面のエンジン配置(Over-The-Wing Engine Mount)形態や自然層流翼型、一体成型複合材胴体などのHonda独自開発技術により、クラス最高水準(Honda調べ、小型ジェット機として)の最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能、静粛性および室内サイズを実現した小型ビジネスジェット機。

2015年12月に米国連邦航空局(Federal Aviation Administration)から型式証明を取得した後、北米、欧州、中南米、東南アジアおよび中国に販売およびサービスネットワークを広げ、2017年には小型ジェット機カテゴリーのデリバリー数において、世界No.1(General Aviation Manufacturers Association(GAMA)調べ)を達成した。

関連記事(外部サイト)