下北沢初「シモキタ ホステル」誕生--"ヒト・モノ・コト"が繋がる場所

下北沢初「シモキタ ホステル」誕生--"ヒト・モノ・コト"が繋がる場所

画像提供:マイナビニュース

BARE NOTE STUDIOは4月3日、訪日外国人観光客や国内旅行者をターゲットとした下北沢初のホステル「SHIMOKITA HOSTEL(シモキタ ホステル)」を、東京都世田谷区にオープンする。

今回オープンする同ホテルは、"SOCIAL NEIGHBORHOOD HOSTEL"をコンセプトに設定。下北沢に集結する「ヒト・モノ・コト」と繋がれるホテルとして、同地ならではのローカルをはじめ、イベントの情報やチケットが手軽に手に入るシステムを導入するとのこと。

ゲストルームは、1人〜2人で利用できる個室や手頃に宿泊できるドミトリーなど全17室を用意。旅の合間にパソコンで作業したり仮眠するのに便利なデイタイムプランも利用できる。

個室料金は、スーペリアが税込8,500円〜、スタンダードが税込7,500円〜、シングルバンクベッドが税込7,000円〜。ドミトリー料金は、ダブルポッドが税込4,800円〜、シングルポッドが税込3,800円〜。いずれも1泊の料金となる。デイタイム利用(11時30分〜15時)は、1時間税込540円。土日祝、ハイシーズンなどは価格変更になる場合あり。

また、同ホテルのオープンにともない、下北沢の街の魅力を紹介する動画作成のためのクラウドファンディングの募集を3月8日より開始中とのこと。
(フォルサ)

関連記事(外部サイト)