香取慎吾画伯、初の海外作が香港に「20年後に龍になって香港に戻ってきた」

香取慎吾画伯、初の海外作が香港に「20年後に龍になって香港に戻ってきた」

画像提供:マイナビニュース

香港政府観光局は3月27日、世界的な活躍が期待されるアーティストの香取慎吾さんが香港島中環(セントラル)に、初のストリート・アート作品を完成させたことを発表、お披露目のセレモ二―を開催した。作品名は「大きなお口の龍の子(大口龍仔)」で、場所は香港島セントラル ミッドレベルエスカレータ脇の壁、Hollywood Road(荷李活道)とShalley Street(些利街)の交差する付近となる。

3月は「香港アートマンス」として、香港ではアート・イベントが多く開催されている。香港島の中環のオールド・タウン・セントラル(OTC)エリアは、街の壁に描かれた様々なストリート・アートが撮影スポットとして世界の旅行者やインスタグラマーに人気を集めている。今回、新たに加わった香取さんの作品は、世界一長いエスカレーターとしても知られるミッドレベルエスカレーターの側面、Shalley Street(些利街/シェリーストリート)に描かれた。

香取さんが香港をイメージしてモチーフに選んだ龍は風水上、パワーがあり運気が上がることとして知られている。また、今回の作品に関して香取さんは、「初めて香港で映画を撮影した20年前から香港では広東語で『大口仔(大きなお口の男の子)』というニックネームで呼ばれています。20年後に龍になって香港に戻ってきた、という意味を込めてこの絵をかきました」とコメントしている。

今回のプロジェクトは、2017年にテレビ番組の撮影で香取さんがOTCエリアの様々なストリート・アートを訪問したことをきっかけに、香港政府観光局が作品の制作を依頼し、実現した。作品制作は3月24〜27日、深夜から早朝にかけて行われた。香取さんのパブリックアート作品としては青森県津軽鉄道の列車が知られているが、今回の作品が海外初となる。

香港政府観光局理事長のアンソニー・ラウ氏は、「香取慎吾さんの初めてのストリート・アートの発表の場として香港を選んでいただき、大変光栄です。香港は香取さんの最初の映画が撮影された街として特別なつながりがあります。本作品は、OTCエリアの新しいアイコンとなりますので、日本をはじめアジアの香取さんのファン、さらには、世界のアートファンに彼の作品の素晴らしさを知ってもらえればと思います。香港は、アジア一のアート都市として、今月、香港アートマンスを開催しています。今回、その香港アートマンスのハイライトとして、素敵な作品を残してくださった香取さんに心から感謝します」とコメントしている。

香港政府観光局では同作品を中心としたOTCエリアのアートの魅力を、香港政府観光局公式サイトやソーシャルメディア、ショートビデオで紹介し、「#香港慎吾アート」「#hkshingoart」というハッシュタグで、世界から訪れるファンや旅行者にSNSでの写真投稿を呼びかけていく。

関連記事(外部サイト)