ドゥカティ、東京モーターサイクルショー2018にて初のV4搭載モデルお披露目

ドゥカティ、東京モーターサイクルショー2018にて初のV4搭載モデルお披露目

画像提供:マイナビニュース

ドゥカティジャパンは、3月23〜25日に開催された「第45回東京モーターサイクルショー」にて、「Panigale V4 S」をはじめとするニューモデルを公開した。

○2018年導入予定のモデルが一堂に

ブースで最も来場者の注目を集めていた「Panigale V4 S」は、同社初となるV型4気筒エンジンを搭載する量産車。1,103ccの「デスモセディチ・ストラダーレ」と名付けられた同エンジンには、ドゥカティのテクノロジーが凝縮されている。

同車両は、スタンダードモデルから足回りをさらにグレードアップした上位モデルとなる。さらにその隣には、カウルなどの外装を取り外した状態の同車両も展示。そのメカニズムを間近で観察できるとあって、車両の周りには終始人だかりが途絶えなかった。

また、人気の「Scrambler」シリーズにもニューモデルが登場。空冷の1,100ccエンジンを搭載する「Scrambler 1100」が、対照的なデザインの「Panigale V4 S」と並ぶほどの注目を集めていた。今回は、バリエーションモデルの「Scrambler 1100 Special」「Scrambler 1100 Sport」もラインナップ。

そのほか、排気量やシャシー、エレクトロニクスなどをアップデートし、スタイルにも磨きをかけた「Multistrada 1260」や、デビュー25周年を迎えてデザインが生まれ変わった「Monster」ファミリーなど、それぞれの持ち味を失うことなく進化を遂げた車両の数々が並んだブースは大きな賑わいを見せていた。
(小山悠)

関連記事(外部サイト)