JR北海道「ライラック旭山動物園号」6〜8月の週末に上下各1本運転

JR北海道「ライラック旭山動物園号」6〜8月の週末に上下各1本運転

画像提供:マイナビニュース

JR北海道は6〜8月の週末、特急「ライラック」の一部列車を「ライラック旭山動物園号」として運転する。行き帰りの時間を楽しんでもらうため、旭山動物園の動物をデザインした記念撮影用シートも車内に設ける。

対象となる列車は札幌駅8時30分発・旭川駅9時55分着の下り列車、旭川駅17時30分発・札幌駅18時55分着の上り列車の上下各1本。下りは「ライラック5号」、上りは「ライラック38号」と同じ運転時刻で、使用車両(789系0番台)や停車駅も同じ。7月14・15日と8月11・12日を除き、6月から8月末までの土日(計22日間)に運行を予定している。

車両編成は1〜3号車が指定席、4〜6号車が自由席。1号車のグリーン席を販売せず、記念撮影用シートとする。記念撮影用シートは岩見沢〜深川間で利用でき、記念撮影の待機席にも旭山動物園の動物をデザインしたシートを設置。列車にはホッキョクグマまたはレッサーパンダの着ぐるみを着たスタッフが同乗し、一緒に記念撮影もできる。

指定席に乗車した人には、上り・下りでデザインの異なる乗車証明書を配布する。配布区間は下りが深川〜旭川間、上りが岩見沢〜札幌間。「ライラック旭山動物園号」の運転期間中、旭川観光物産情報センター内「地場産品展示販売コーナー駅naka」での買い物時に乗車証明書を提示すると、総額から3%引きになる特典もある。
(佐々木康弘)

関連記事(外部サイト)