伊丹空港ターミナル、中央エリアを先行オープン--新規30店や屋上の見所は?

伊丹空港ターミナル、中央エリアを先行オープン--新規30店や屋上の見所は?

画像提供:マイナビニュース

大阪国際空港(伊丹空港)では現在、ターミナルの改修工事が進められており、その中央エリアが4月18日に先行オープンする。従来は南北2カ所あった到着口が1カ所に集約されるほか、レストランやショップなどが新たに多く出店し、展望デッキもリニューアルして面積が約1.5倍に。なお、全面開業は2020年夏の予定となっている。

○到着口を1カ所に集約、バス等へのアクセスが便利に

伊丹空港ではこれまで到着口が1階でANAグループ側とJALグループ側の南北に分かれていたのが、今回のリニューアルで2階中央部分に集約される。到着口を出てからのバス、タクシー、モノレールなどへのアクセスもスムーズになる。

特に、梅田やなんばといった方面へリムジンバスの乗り場が中央1カ所になると、利便性が向上する。これまで先に乗車する南ターミナルでバスの席が埋まってしまい、北ターミナルで乗れないという事態もなくなる。なお、降車は従来通り南北2カ所のままだ。
○世界の空港初! 醸造所があるワインバル

今回大きく改装された中央エリアには、レストランやショップなど34店舗が出店し、そのうち30店舗が新規出店。いずれも一般エリアで、2階にはカジュアルに飲食できるゾーンとお土産をはじめとしたショップが並び、3階では落ち着いた雰囲気で食事が楽しめる店舗がそろっている。1階と4階にもレストランやショップなどが新たにオープンする。

注目は、世界の空港初という空港内にワイン醸造所を併設するワインバル「大阪エアポートワイナリー」。ワインタンクや醸造風景を眺めながらその場で醸造したワインに加え、空港周辺の食材を使った南イタリアの料理が楽しめる。

○大阪/関西ならではの味が一堂にそろう

また、大阪や関西らしいレストランやカフェも今回、数多く出店する。神戸から2年連続"洋朝食 日本一"に輝いたホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドの直営店「ル・パン神戸北野」が初出店。人気が高いパンやスイーツの他、伊丹空港限定で兵庫の灘五郷の酒粕を使用したベイクド・チーズケーキを販売する。

その他、お好み焼きや鉄板焼きなどをスピーディーに提供する「大阪お好み焼き 清十郎」、大阪の台所で知られる黒門市場で創業90年の店「黒門まぐろのエン時」、兵庫・城崎の老舗旅館とコラボレーションして伊丹空港限定地ビールと旬の魚介類が楽しめる「海キッチン KINOSAKI」、京都発で全国的に話題となっている「肉が旨いカフェ NICK STOCK」では看板メニューの極太ホットドックなどを伊丹空港でもカフェで提供する。

さらに、1階部分にオープンするのが、大阪・難波の誰もが気軽に楽しめる人気バル・カフェ「Massa」と、国内の空港初となるウルフギャング・パック氏プロデュースのピッツァメインのカフェ「WOLFGANG PUCK PIZZA」。いずれも大阪ならではの食材を使った料理も登場予定という。
○充実のお土産エリアには伊丹限定品も

また、大阪をはじめとした関西ならではのお土産などが買えるショップも魅力的だ。物販ゾーンの中央にある「関西旅日記」では、関西エリアの和洋菓子や弁当などが一堂にそろい、お土産選びに最適。伊丹空港限定商品として叶 匠壽庵のつぶあんをふわふわもちもち食感の生地で包んだ「うわのそら」(税込1,080円/5個入)などを販売する。"空弁"もここで入手できる。

関西空港や新千歳空港などで人気が高い空港「ポケモンストア」が伊丹空港にも新規出店し、伊丹空港の空港コード「ITM」が入った制服を着たパイロットピカチュウ・キャビンアテンダントピカチュウなどを発売。カステラの人気店「黒船」では、空港限定の「古今東西 COCON TOZAI 黒糖どらやき」(税込1,080円/5個入、税込2,160円/10個入)を販売する。

「キットカット ショコラトリー」は、こだわり素材とパティシエが手掛ける特別なキットカットを提供する専門店。このショコラトリーを監修するル パティシエ タカギ(高木康政)さんのスイーツが楽しめる関西初となるカフェも併設する。

○屋上に飛行機が見えるカフェや遊び場が

今回、屋上エリアも今回大きくリニューアル。飛行機を眺めながらヘルシーな料理が楽しめるカフェ&ダイニング「NORTHSHORE」は2階分のスペースがあり、野菜やフルーツを使ったメニューも多く、女性やカップルらの人気店となりそうだ。

また、家族連れに人気が高い複合遊戯施設「ボーネルンドあそびの世界」も新規出店。長さ12mの大型跳躍器具で遊ぶゾーン、赤ちゃん専用スペースなど従来の室内あそび場の他、初となる屋外あそび場も設置されている。

展望デッキは、南北および中央部分で滑走路側に約20m増床され、面積が以前よりも約1.5倍の約7,700平方メートルに。ウッドデッキだった床も新たに張り替えられ、屋根付きのベンチやソファなども設置し、緑も多く配置されている。駐機場に近い部分は引き続きワイヤー型のフェンスで、南北のデッキ部分にはその手前にレール型の柵も設けられていた。

伊丹空港のターミナルが大規模リニューアルされるのは、現在のターミナルが開業した1970年以来。4月18日に先行オープンするのは中央エリアであるが、今後は2020年夏までに、保安検査場で既に試験運用されているスマートレーンの本格運用、制限区域内におけるウォークスルー型商業エリアのオープン、立体駐車場の新築などを予定している。
(シカマアキ)

関連記事(外部サイト)