“日本初”インターコンチネンタル系列ホテル3施設並ぶ大型リゾートが開業へ

“日本初”インターコンチネンタル系列ホテル3施設並ぶ大型リゾートが開業へ

ホテルイメージ(提供画像)

【女子旅プレス=2021/04/15】インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ(以下IHG)は、グループ史上日本初となる3つのホテルブランドが同敷地内に並ぶ大型リゾートホテルを、岩手県安比高原に2021年12月に開業する。

◆日本初、3つのIHGホテルブランドが集結
今回の大型リゾート開業計画では、“東北初”となる外資系ラグジュアリーホテル「ANAインターコンチネンタルリゾート」を含む、「ANAクラウンプラザリゾート」、「ANAホリデイ・インリゾート」の3ブランドのホテルを安比高原に開業。
開業先の安比高原は、温泉もあり、冬はスキーやスノーボード、夏はゴルフ、春と秋にはマウンテンバイクやウォーキングと四季折々の体験ができる高原リゾート地。
年間を通じて魅力的なこの安比高原に、3ホテルが同敷地内に並び、合計1,000室以上の客室と、レストラン&バー、温泉施設、宴会場、会議室などを有する“超大型”リゾートが完成。IHGで同じ施設内に3つのホテルブランドが誕生するのは、日本では初めてのこと。
なお3ホテルブランドはそれぞれワールドクラスのラグジュアリー、アップスケール、ミッドスケールとなっており、あらゆる旅行者の需要に応える。(女子旅プレス/modelpress編集部)
情報:IHGホテルズ&リゾーツ/IHG・ANA・ホテルズグループジャパン

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)

×