台湾発タピオカドリンク「タイガーシュガー」大阪初上陸

台湾発タピオカドリンク「タイガーシュガー」大阪初上陸

TIGER SUGAR/画像提供:TIGER SUGARインターナショナル

【女子旅プレス=2019/10/18】台湾で人気のタピオカドリンクブランド「タイガーシュガー(TIGER SUGAR)」が18日、大阪・心斎橋にオープンした。

◆アジア圏で人気の「タイガーシュガー(TIGER SUGAR)」とは

タピオカドリンク業界で今最も勢いのあるブランドの1つである「タイガーシュガー」は、台湾発祥のティースタンドで、現在アジアの主要都市を中心に世界13か国に展開(アジア11か国/その他:2か国)。2019年9月に日本1号店を東京・原宿にオープンした。

関西圏においては初出店となり、タイガーシュガーの国内店舗の中では唯一、スタイリッシュで落ち着いた雰囲気のカフェスペースを設けている。

◆名物ドリンク「黒糖ボバミルク」

同店の代名詞ともいえるメニューが「黒糖ボバミルク」。オリジナル黒糖とミルクの織りなす美しい虎柄はもちろん、ボバ(=大きめのタピオカ)やパール、ミルクと黒糖の完璧な構成と比率による深みのある味わいと美しい見た目の両方にこだわっている。

◆究極のオリジナル黒糖で煮込んだボバ

ドリンクに使用するのは、自慢のボバ(大粒のタピオカ)とパール(極小粒のタピオカ)の2種類。
毎日店内で仕込むボバは、20年以上スイーツの専門家として研究を重ねてきた創業者によって作られた、誰にも真似することができない門外不出の黒糖によって煮込んでいるため、作り置きではないフレッシュなタピオカの美味しさが楽しめる。

オーダーが入ってカップに詰める直前まで、専用の容器で煮込み、まだボバが温かい状態で適度に温めたミルクを注ぐことで、独特の食感と香り高い味、そして噛んだ瞬間に豊かな香りが口の中いっぱいに広がる。

また15回程度、上下に振ることによって適切な温度となりドリンクとの絶妙な味わいに仕上がるという。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■タイガーシュガー心斎橋店
住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋1-6-27
Tel:06-6484-8837
営業時間: 10:00〜22:00(通常営業時)

◆メニュー紹介
・黒糖ボバミルク(withクリーム)600円
・黒糖パールミルク 600円
・黒糖ボバ+パールミルク 600円
・黒糖紅茶ラテ 570円
・黒糖ジャスミン茶 420円

情報:TIGER SUGARインターナショナル

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)