京都発「宙フェス」東京初開催、福徳の森で宙(そら)に恋する2日間

京都発「宙フェス」東京初開催、福徳の森で宙(そら)に恋する2日間

宙フェス/画像提供:宙フェス実行委員会

【女子旅プレス=2019/10/27】2014年より京都で開催されている人気イベント「宙フェス(ソラフェス)」が、2019年11月16日(土)・17日(日)に東京・日本橋にて初開催される。

◆東京では初開催の「宙フェス」

「宙フェス」は「上を向いて遊ぼう!」を合言葉に、アート・サイエンス・アートなど様々な星空の楽しみ方を一堂に集めた「サイエンス」と「カルチャー」の融合イベント。2014年秋に京都・嵐山で初開催され、2018年にはのべ6,000人が集結した。
東京の初開催地に選ばれたのは、古き良き江戸の文化と最先端の東京が交わるまち、日本橋の「福徳の森」。1000年以上前から鎮座する「福徳神社(芽吹稲荷)」に隣接する聖なるこの場所は、都心にありながら豊富な木々に囲まれている。

五街道の基点として多くの人々が行き来し、星空を見上げたであろう福徳の森とちょうちん通りに、宙(そら)をテーマにした、星や宇宙モチーフのハンドメイド作家によるマーケット、ワークショップブースが一堂に会する。
◆幅広いジャンルのゲストを迎える「宙トーク」

またタレント、学者、ミュージシャンなど、ジャンルの垣根を飛び越えたクロストークが話題となる「宙トーク」では、大宮エリーをメインMCに迎えた「スナックエリー」を開催。ゲストに音楽業界でも無類の「宇宙好き」として知られるACIDMANの大木伸夫や、JAXA理学博士・春山純一、SF・文芸評論家の藤田直哉らを迎え、宇宙ファンも納得の濃厚なトークショーを展開する。(女子旅プレス/modelpress編集部)
■宙フェス 2019 東京日本橋 〜宇宙のフシギに恋する時間〜
開催日時:2019年11月16 日(土)・17 日(日)
開催場所:「福徳の森」12:00〜19:00
「ちょうちん通り」12:00〜18:00
入場無料

情報:宙フェス実行委員会

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)