【USJ】2019冬イベントまとめ クリスマスに大晦日、コーデ情報まで

【USJ】2019冬イベントまとめ クリスマスに大晦日、コーデ情報まで

クリスタルの約束/画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

【女子旅プレス=2019/11/02】今冬のユニバーサル・スタジオ・ジャパンは豪華イベントが目白押し!間もなく始まるクリスマスイベント「ユニバーサル・クリスタル・クリスマス」から、2019年を盛大に締めくくる大晦日のカウントダウンイベント、さらに極寒のパークを楽しむために必要な服装・コーデ情報まで、この冬パークを攻略する上で知っておきたい情報を一挙紹介。

◆「ユニバーサル・クリスタル・クリスマス」(11月14日(木)〜)
この冬パークでは、全く新しいクリスマスイベント「ユニバーサル・クリスタル・クリスマス」を、2019年11月14日(木)〜2020年1月13日(月・祝)まで開催。過去10年にわたって感動を届け、世界最高とも言われたナイトショーとクリスマス・ツリーが完全一新される。

今年初登場するのは「クリスタル・シャイニング・イルミネーション」、「クリスタルの約束」、「ユニバーサル・クリスタル・ツリー」の3つ。
高さ30mを超える壮大な新クリスマスツリー「ユニバーサル・クリスタル・ツリー」は、時にダイナミックに、時に繊細に美しく変化しながら輝きを放ち、まるで生命を宿すかのように、幹から枝へ、しなやかな曲線が優雅に灯ると、光と反射が織りなす無数のきらめきが広がり、心が洗われるような美しさでゲストを包みこむ。

クリスマス・エンターテイメント「クリスタルの約束」は、クリスタルのクリアな輝きに満ちた美しい世界を舞台に、愛の物語を紡ぐ感動のショー。

10年にわたりゲストに感動を与え、昨年フィナーレを迎えた“世界最高”のクリスマス・ライブショー「天使のくれた奇跡」から内容・演出を一新。傍らにそびえる新クリスマスツリーにピュアな輝きが降り注ぐ点灯モーメントや、幻想的なオーロラが現れたかのようなスペクタクルな演出を詰め込んだ、聖夜にふさわしい壮大なクライマックスに期待が高まる。
またパークのエントランスから続く大通りにも、クリスタルが美しく輝く「クリスタル・シャイニング・イルミネーション」が初登場。日没の頃、大通りの建物が一変し色鮮やかな光に彩られると、壁面の無数の光が音楽に合わせて万華鏡のように変化し、360度ひとつとして同じものが無いかのような“無限の輝き”に包まれる。

なお今年のクリスマスイベントでは、関ジャニ∞が、ゲストを輝かせる存在「クリスタル・クリスマス・アンバサダー」に就任。USJと一緒に“心までキラめく”クリスマスを発信していくほか、イベント期間限定で関ジャニ∞とのコラボレーション企画も予定しているという。

■ユニバーサル・クリスタル・クリスマス
開催期間:2019年11月14日(木)〜2020年1月13日(月・祝)

◆夜までクリスマス一色のパークを楽しみたい!防寒に必要なファッションは?

寒さの増すこの時期、ゲストを悩ますのが真冬の服装問題。パークのあちこちに点在するフォトジェニックなフォトスポットでの写真撮影も人気なだけあり、お洒落と防寒のどちらをとるかは悩みどころ。

まずは大前提として、広大なパーク内を歩き回っても疲れが蓄積しないよう、足元は、普段履きなれたスニーカーやヒールのないブーツを履いていくのがベスト。

また秋冬シーズンは朝晩の寒暖差が激しいので、ストールや着脱できるパーカーを着ていくのがおすすめ。アトラクションの待ち時間などでじっとしていると、どんどん身体が冷え込んでいくため、冷え対策に通常の使い捨てカイロに加えて、足専用カイロも用意しておくのが◎。

そして防寒対策ばかりに気を取られて、意外に忘れてしまいがちなのが雨天対策。日中は晴れていても日没後に雨が降り出す場合もあるため、カバンに余裕があれば雨具も携帯しておきたいところ。

またクリスマスイベントのメイン企画のひとつ、ナイトショー「クリスタルの約束」の「特別鑑賞エリア(有料)」は、ショー上演中に後方座席のゲストの視界を遮らないよう、雨天時でも傘の使用は禁じられているため、少しでも雨天の可能性がある場合は、レインコートやポンチョを持っていくのを忘れずに。

◆「クリスタル・グリーティング with ミニオン」(11月14日(木)〜)

「ユニバーサル・クリスタル・クリスマス」開幕と共に、日中のパークでは、陽光に煌めくツリーの下でキラキラの紙ふぶきに包まれてミニオンたちと大はしゃぎできる「クリスタル・グリーティング with ミニオン」を開催。
人気エリア「ミニオン・パーク」が、今年もクリスマス装飾で彩られ、この時期だけの「ミニオン・パークのイエロー・クリスマス」が楽しめる。サンタ帽を被ったミニオンのクリスマス限定カチューシャを着用すれば、あなたも「ミニオン・パーク」の一員に。

◆ハリポタエリアで「ホグワーツ・マジカル・ナイト 〜ウインター・マジック〜」(11月8日(金)〜)
『ハリー・ポッター』シリーズを舞台にした人気エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」では、聖なる夜を祝す大魔法物語を体験できる冬季限定エンターテイメント「ホグワーツ・マジカル・ナイト 〜ウインター・マジック〜」が、2019年11月8日(金)〜2020年1月13日(月)まで開催。

今年もキャッスル・ショー「ホグワーツ・マジカル・ナイト 〜ウインター・マジック〜」を継続し、ホグワーツ城を舞台に、聖なる夜に結成された、4人の生徒の魔法団による秘密の物語が繰り広げられる。

フィナーレで、強い光を灯す呪文『ルーモス・マキシマ』が唱えられると、ホグワーツ城は隅々まで圧倒的な輝きを放ち、人間界では見たことのない光景が魔法界を包み込み、はじめて魔法の世界に出会った時のような圧倒的な感動に包まれる。

また、ホグワーツ魔法魔術学校4寮の生徒たちと4匹のカエルが様々なクリスマス・ソングのハーモニーを奏でる「フロッグ・クワイア」が、クリスマスだけの特別バージョンに。
冬のホグズミード村も、1年で最も美しい輝きに包まれ、魔法のお菓子のリースや、魔法用具のオーナメントなど、魔法界ならではの伝統的なクリスマス装飾が、屋根から建物全体を彩り、一層華やかな魔法界の街並みへと変貌する。

◆魔法会の冬グルメがアツい、日本限定バタービール用マグカップも登場(11月5日(火)〜)

また、クリスマス装飾で彩られたホグズミード村では、冬の魔法界ならではの飲食体験が盛りだくさん。冷えた身体を芯から温める「ホットバタービール」や、クリスマス休暇の食事をイメージした「クリスマス・フィースト」など、作中でもお馴染みのグルメを味わい、味覚でも魔法の世界のクリスマスを堪能できる。
特に2019年11月5日(火)からは、魔法界の不思議な飲み物「バタービール」を飲むための、世界初「クリスマス・バタービールマグカップ」が日本限定で登場。

雪の結晶がマグカップ自体を覆っているようなデザインで、重厚感のある英字の「バタービール」のロゴマークの下に、気品を感じさせる金色のあしらいを施した、この冬の注目アイテムだ。

◆「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2020」(12月31日(火・大晦日)

2019年12月31日(火・大晦日)午後7時から、年が明けた2020年1月1日(水・元日)午前2時まで、今年一年を締めくくるスペシャル・イベント「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2020」が開催。

「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ」は、一年の最後を締めくくるにふさわしい、3,500発以上の色鮮やかなパイロ(直立型花火)が夜空一面に打ちあがる豪華なカウントダウン・モーメントや、人気のアトラクションが最長“26時間乗り放題”になる、この日限定のスペシャルなイベント。

また昨年初めて実施した“一夜限りの特別版シーズン・イベント”が内容を一新させて、再登場。これは今年パークで開催された数あるショー・エンターテイメントの中から、各シーズンを代表する演目を厳選して、パークの1年分の興奮を一夜にギュッと凝縮したスペシャル企画。

今年は、熱狂参加型エンターテイメント『ワールド・ストリート・フェスティバル』や、パークの夏を水と雪で大いに盛り上げ、360度パークをまるごとビショ濡れパーティに変身させた『エクストラ・クール・サマー』、ゾンビと一緒に踊り、叫ぶ「ゾンビ・デ・ダンス」などの『ハロウィーン・ホラー・ナイト』、そして『ユニバーサル・クリスタル・クリスマス』も加わった、パークの1年間を総括する豪華な内容となっている。

■『ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2020』スケジュール
・2019年12月31日(大晦日)営業時間内
午前 8:30 通常営業 12月31日有効の各種「スタジオ・パス」で入場可能。午後5時に営業終了。「パーティ・パス」では入場不可。

午後 5:00 パーククローズ

午後 7:00 『ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2020』「パ-ティ・パス」でのみ入場可能。翌日1日午後9時まで何度でも入場可。「年間スタジオ・パス」を含む、通常販売している各種パスでは入場不可。

・2020年1月1日(元日)営業時間
午前 2:00 通常営業 1月1日有効の各種「スタジオ・パス」で午前2時から入場可能。「パーティ・パス」でも入場可能。

(女子旅プレス/modelpress編集部)

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)