逗子「マリブホテル」全室スイート&富士山ビューの高級ホテル、愛犬同伴も可

逗子「マリブホテル」全室スイート&富士山ビューの高級ホテル、愛犬同伴も可

MALIBU HOTEL/画像提供:リビエラリゾート

【女子旅プレス=2020/03/26】26日、神奈川県逗子市に全室スイートのラグジュアリーホテル「マリブホテル(MALIBU HOTEL)」と、敷地内に米ロサンゼルス発のオーガニックレストラン「マリブファーム(MALIBU FARM)」が同時オープンした。

・全室スイート&富士山を一望できる「マリブホテル」
古都・鎌倉から10分、リビエラ逗子マリーナに誕生した「マリブホテル」は、スモールラグジュアリーをコンセプトに、全室スイートの富士山ビューの客室11室を備えた4階建てホテル。
全室から海を望む富士山ビューが特長で、ロサンゼルスのインテリアデザイナートップ20に選ばれるALEXANDER DESIGN(アレキサンダーデザイン)がインテリアを監修。客室ごとに異なる眺望とスタイルの違う上質な空間が広がる。
中でも愛犬同伴可の『ドッグフレンドリールーム』では、ペットも家族の一員というゲストの為に愛犬との宿泊も可能に。就寝スペースとの間に柵を設け、必要に応じて自由に開閉できるようにした。
ルームサービスは部屋に併設したガーデンテラスやバルコニーでも堪能でき、併設レストラン「マリブファーム」の料理の他、宿泊者限定で日本料理も提供する。

・全席海を望むイタリアンレストラン「リストランテAO 逗子マリーナ」
ホテルのシグネチャーレストラン「リストランテAO 逗子マリーナ」は、富士山と江ノ島を臨む全席オーシャンビューを備え、「季節を味わう」がコンセプトのイタリアンレストラン。
イタリアのミシュラン星付きレストランで修業を積んだ新進気鋭のシェフ小川圭祐(オガワケイスケ)のもと、相模湾で水揚げされた魚介類をはじめ、有機野菜や鎌倉野菜、葉山牛など、地産地消にこだわった料理を届ける。

・クレイやオイルを使ったスパ体験「クレイド スパ イン マリブホテル」

ホテル併設のスパ施設「クレイド スパ イン マリブホテル(CLAYD SPA in MALIBU HOTEL)」では、アメリカ西海岸の砂漠地帯の地中深くから採掘される、純粋な天然ミネラル豊富な「CLAYD」のクレイを用いて、無農薬原料や製法など、素材にまでこだわった、ここでしか体験できないスパトリートメントを提供。

ここでは「CLAYD」における日本初の試みとして、スーパーフードやヘルシーフードを活かした食事とスパを融合させたプランを提案。海に囲まれたリビエラ逗子マリーナならではの環境のなかで、身体の内側からも外側からも美を呼び覚ますような施術を受けられる。

・逗子の自然を楽しむアクティビティも

ホテル滞在中は宿泊や食事だけでなく、大自然を満喫する様々なオプションプランから体験型アクティビティを追加で楽しむことも可能。

船で江ノ島や葉山を海から散策するプライベートクルージングや、テニス、ヨガ、フライボード、サイクリングなどから好きなメニューを選んで、ホテルを拠点に海や街へ繰り出し、存分に逗子での休暇を満喫できる。

・海外セレブにも人気のレストランが日本初上陸

またホテルと同じリビエラ逗子マリーナ内に、米ロサンゼルス発のオーガニックレストラン「マリブファーム」が日本初上陸。

「マリブファーム」は『フレッシュ、 オーガニック、 ローカル』をコンセプトに、アメリカ国内ではロサンゼルス屈指の景勝地マリブをはじめ6店舗を構える人気レストラン。

現地でも人気の「ブラータチーズとフレッシュフルーツのサラダ」や、現地のレシピを軸に、地元鎌倉の新鮮野菜や相模湾の魚介類を使用した、日本限定メニュー「クラムチャウダー マリブファームスタイル」などを、マリーナの海から繋がるような大きな水盤が広がるテラス席や、三方を水に包まれたウォーターテラス席などで味わえる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

・マリブホテル(MALIBU HOTEL)概要
住所:神奈川県逗子市小坪5-23-16 リビエラ逗子マリーナ内
客室:4階建/全11室(50〜93平方メートル)/全室ツイン/全室ガーデンテラスまたはバルコニー付
施設: レストラン/BAR/テラスラウンジ/スパ
金額:¥90,000〜
交通:JR鎌倉駅よりバス10分/JR逗子駅よりバス10分

情報:リビエラ

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)