「奈良 蔦屋書店」スタバ併設の県内最大級ブックカフェ、中川政七商店とも初コラボ

「奈良 蔦屋書店」スタバ併設の県内最大級ブックカフェ、中川政七商店とも初コラボ

奈良 蔦屋書店/画像提供:蔦屋書店

【女子旅プレス=2020/04/03】奈良県内最大級のカフェ併設複合書店「奈良 蔦屋書店」が2020年4月4日(土)、奈良県最大の会議場・観光交流拠点「奈良県コンベンションセンター」内に誕生する。営業時間は朝8時から夜11時までで、年中無休で営業を行う。

◆スタバ併設の蔦屋書店が奈良に開業

「奈良 蔦屋書店」は、“文化に囲まれ、毎日、好奇心の扉を開く場”をコンセプトに、緑と木のぬくもりが感じられる店内に16万冊もの書籍が揃うライフスタイル提案書店。
「BOOK & CAFE」の座席数は県内最大級を誇り、併設の「スターバックス コーヒー」のドリンクを飲みながら、書店内のお気に入りの場所で、購入前の書籍を読むことも可能だ。

◆書籍とアートが同居する空間

店内には、「天平ギャラリー」と題したアートギャラリーを常設し、奈良の歴史を感じられる作品から新進気鋭アーティストの作品まで幅広く展示。
エントランスに設置された室内庭園は、プラントハンター 西畠清順氏による平城京跡・東院庭園の日本最古と言われる築山石組に着想を得て制作されたもので、書籍に囲まれた空間には名和晃平氏による彫刻作品「Trans-Sacred Deer(g/p_cloud)」を展示し、“アートがある書店”を形にした。
また「天平サロン」と称したくつろぎのスペースを設け、「旅」に関心が高い地域住民へ向け、旅の計画につながるトークイベント等の開催も予定している。
◆「中川政七商店」と初コラボレーション

さらに1716年、奈良で創業した生活雑貨店「中川政七商店」と初めてコラボレーションし、店内に2か所の売り場を設置。本と暮らしの道具、そして珈琲がじっくり楽しめる新たな試みの店舗として、本と雑貨をミックスして展開する。
また、コーヒーのお供になる焼き菓子や、その場でオーダーできる刺繍サービスなどの限定品も用意している。
◆代官山から全国へ店舗を展開「蔦屋書店」

「蔦屋書店」は現在、東京・代官山を皮切りに、佐賀・武雄、北海道・函館、高知など全国に規模を拡大している。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■「奈良 蔦屋書店」
オープン時期:2020年4月4日(土)※4月1日よりプレオープン
住所:奈良県奈良市三条大路1丁目691-1
営業時間:8:00〜23:00
電話番号:0742-35-0600
近鉄奈良線「新大宮駅」より徒歩10分
伊丹空港よりバスで 60分

情報:蔦屋書店

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)