「奈雪の茶」日本初上陸ティードリンクが大阪道頓堀に国内1号店

「奈雪の茶」日本初上陸ティードリンクが大阪道頓堀に国内1号店

いちごチーズティー850円、魔法棒イチゴ(S380円、L700)/画像提供:品道

【女子旅プレス=2020/05/26】中国発の人気ティードリンクブランド「奈雪の茶」の日本第1号店「奈雪の茶 道頓堀店」が2020年7月4日(土)、大阪・道頓堀にオープンする。

◆グローバルティードリンクブランド「奈雪の茶」とは

中国・深セン(しんせん)発の「奈雪の茶」は、2015年の創業以来、中国を発端にグローバルに店舗を拡大していき、現在は中国50都市とシンガポール、アメリカで約350店舗を展開するティー&ベーカリーブランド。

自家茶園で管理される高品質な茶葉と産地にこだわった果実を使用した、彩り鮮やかでナチュラルな「フルーツティー」などのティードリンクに加えて、人口添加物を含まない“ウェルネス志向な女性”にも嬉しい「奈雪シグネチャーベーカリー」のパン類を、明るく温もりのある空間でリラックスしながら堪能できる。
◆見た目も味も魅力的な「フルーツティー」の数々

主軸となるのが、無添加・無香料の新鮮な茶葉を無添加の果実と掛け合わせた「フルーツティー」。
中でもおすすめは、いちごのショートケーキから発想を得た「奈雪の茶」のシグネチャードリンク「いちごチーズティー」と、「奈雪の茶」のベストセラードリンク「奈雪オレンジジャスミン」。

また台湾・阿里山で作られた大紅袍烏龍茶に新鮮な牛乳を入れ、もちもちのタピオカをトッピングした「大紅袍烏龍タピオカミルクティー」、炭酸ベースにローズマリーや柑橘で爽やかに仕上げた「スパークリンググレープフルーツローズマリー」、暑い夏にぴったりな「アボカドココナッツアイスクリームティー」と、個性的で味にもこだわったメニューが揃う。
季節によって自慢の茶葉と掛け合わせる果実が変わるため、年間を通じて彩り豊かな「フルーツティー」との新しい出会いを楽しめるのも魅力だ。

◆軽食&お土産にもピッタリな「奈雪シグネチャーベーカリー」

もうひとつの主力メニュー「奈雪シグネチャーベーカリー」は、独自の製法で高加水パンに仕上げることで、柔らかくもちもちとした食感と小麦の香り・甘味の引き立つ味わいが特長。
ふんわりとしたパンに北海道産の生クリームとフレッシュないちごを乗せた「魔法棒イチゴ」、中国語で”赤ちゃんのほっぺたのようにふっくらしたもの”を意味する「ドゥドゥかぼちゃ」、国産のカスタードを使用した「クリームパン」、濃厚な京都の宇治抹茶を使用した「クリームパン抹茶」、レモンやライムを加えると青からピンクに変色するハーブを使った「クリームパンバタフライピー」などを展開。
また巷で流行中の「チョコレートくるみ食パン」「トリュフ食パン」といった食パンのほか、大阪限定メニューとなる「たこ焼きパン」も登場。可愛らしい見た目のパンの中に本物のたこ焼きが入っており、インパクトあるお土産としてもピッタリだ。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■「奈雪の茶 道頓堀店」概要
住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-8-22道頓堀ゼロゲート1F
TEL:06-4256-3185

情報:品道

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)