日比谷花壇の初グランピング施設「リラックスふじの」神奈川に誕生

日比谷花壇の初グランピング施設「リラックスふじの」神奈川に誕生

ECRU(エクリュ)/画像提供:日比谷花壇

【女子旅プレス=2020/07/02】「日比谷花壇」初の宿泊施設となる、グランピングサイト「リラックスふじの(里楽巣 FUJINO)」が、神奈川県相模原市に2020年8月21日(金)よりオープンする。

◆日比谷花壇がこだわりつくしたデザイン空間に宿泊

日比谷花壇が手がける初の宿泊施設である「リラックスふじの」は、都心から1時間半とアクセスしやすく自然豊かな立地にある、「ココロもカラダも喜ぶ場所」をテーマとしたグランピング施設。
宿泊するグランピングサイトは、山並みを望む広々としたパノラマデッキを備えた和風(RURI)と洋風(ECRU)の2種類。山並みを望む広々としたパノラマデッキとカウンターテーブル、28平方メートルの広々としたドーム型テント、藤野にある工房でつくられたガーデンテーブルなどの家具を設えるとともに、日比谷花壇こだわりの植物を配したコーディネイトで、藤野の自然と一体化したかのようなリラックス空間を提供する。
また敷地内に共用シャワー・トイレを完備し、少し足を伸ばして近隣エリアにある温泉施設を利用することも可能。オプションとして、フラワーレッスン、ヨガ、コーヒー焙煎、工房体験、ブルーベリー狩りなど豊富なアクティビティを用意している。
◆地元でとれた海や山の幸をふんだんにつかった旬のごちそう
宿泊料金には、夕食、朝食料金も含まれており、地元藤野産の朝採れ無農薬有機野菜をたっぷりと使い、シェフが監修した季節ごとの料理を提供。フレッシュな地元野菜に加え、シェフが厳選した海の幸、山の幸を使った食事がココロとカラダを満たしてくれる。
またオプションサービスでバーベキュー食材の用意もあり、屋外で豪快に焼き上げる肉メインのディナーを希望する場合はこちらもおすすめだ。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■リラックスふじの(里楽巣 FUJINO)
グランドオープン日:2020年8月21日(金)※予約開始 2020年8月1日(土)(HP上で予約受付)
住所:神奈川県相模原市緑区牧野4611-1藤野倶楽部内
施設タイプ:宿泊施設、共用シャワー・トイレ、ドームテント2室
定休日:オンシーズンなし、冬季休業あり

■宿泊料金
1室2名42,000円〜
※ハイシーズンの金・土・日・祝日60,000円〜
3名以降大人1名21,000 円〜
※ハイシーズンの金・土・日・祝日 30,000円〜
子ども(小学生以下)半額(宿泊費・夕朝食付)
3歳以下0円(食事なし)

情報:日比谷花壇

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)