“泊まれる本屋”のカフェ単独店「STAND by bookandbedtokyo」高田馬場に誕生

“泊まれる本屋”のカフェ単独店「STAND by bookandbedtokyo」高田馬場に誕生

STAND by bookandbedtokyo(C)BOOK AND BED TOKYO 2020

【女子旅プレス=2020/07/09】東京・高田馬場に“泊まれる本屋”がコンセプトの宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO」の新業態となるブックカフェ「STAND by bookandbedtokyo(スタンドバイブックアンドベッドトウキョウ)」が、2020年8月26日(水)よりオープンする。

JR高田馬場駅改札外(早稲田口)に誕生する、本をテーマにしたカフェ「STAND by bookandbedtokyo」は、「BOOK AND BED」に併設されていたカフェを独立させた初の単独店舗。館内には誰でも自由に本を貸し借り出来る本棚とカフェスペースを整備し、「BOOK AND BED」心斎橋・新宿の併設カフェで展開している、黒を基調としたブラックラテなどを提供予定。

昼のメニューと夜の看板メニューとなるサワーを、京都の人気サワースタンド「sour」と共同開発。コーヒーはニュージーランド・ウェリントン発のコーヒースタンド「Coffee Supreme」の豆を使用。館内のフラワーコーディネートを、フラワークリエイターの篠崎恵美氏が手がける「edenworks」が担当するなど、各方面のコラボレーターと共に創り上げる。
◆「BOOK AND BED TOKYO」について

2015年11月、池袋にオープンした“泊まれる本屋”がコンセプトの宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO」は、海外メディア「CNN」「The Huffington Post」「The Guardian」「National Geographic」にも東京の新しいカルチャーとして取り上げられるなど、世界的にも注目を集めているホステルとして知られる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■STAND by bookandbedtokyo(スタンドバイブックアンドベッドトウキョウ)
住所:東京都新宿区高田馬場1-35-1 JR高田馬場駅 早稲田口 改札外
交通アクセス:JR高田馬場駅 徒歩0分
営業時間:平日 7:00〜23:00・土曜 8:00〜23:00・日祝日 8:00〜22:00

情報:アトリエブックアンドベッド

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)