妊娠中の快適サポートグッズあれこれ らくちん枕やシートベルト、健診時の洋服など

妊娠中の快適サポートグッズあれこれ らくちん枕やシートベルト、健診時の洋服など

記事画像

 新しい命が宿る大きなお腹をめぐるストレスを軽減したい。そんな声にこたえる、出産を控えた人たちに向けたお役立ちグッズ紹介しよう。

 出産を控え、大きくなったお腹。喜びや期待感がある反面、妊婦本人は不安や不便さなど、心配が尽きないのが常。このマタニティライフの問題に、少しでも安心感や便利さをと、さまざまな商品が販売されている。

 グッスリと快眠のひと時を提案するのが「眠れる森の妊婦の抱っこされ枕(1万5,984円・税込)」。プレジール(本社:群馬県高崎市)と、マタニティ雑誌『Pre-mo(プレモ)』(主婦の友社)のコラボレーションで誕生した商品だ。一般的な枕が頭と首の2点を支えるのに対して、同商品はプラス腕の3点支持で両腕を大きく包み込む独特の形状。この形状が、大きなお腹で負担のかかる体をやさしく受け止め、睡眠姿勢をサポートする。枕の腕を支える部分にはくびれもあり、抱き枕としても使える。さらに産後は、授乳用やおすわり補助用のクッションとしても使える点も見逃せない特徴だ。

 車での移動に、安全性はもちろんのこと、快適さと安心感のために開発されたのが「インセーフ シートベルトガイド(韓国製/日本での取り扱いはテクセルジャパン:東京都小平市)」。こちらは3点式シートベルトの補助具で、車の運転席や助手席のシートに取りつけるアジャスターつきのベルト。この製品を取りつけることにより、シートベルトの斜めがけとなる部分は従来と同様に肩と胸を押さえるが、水平となる部分は腹部から足のつけ根へと変更することができる。妊娠中は特に気になる腹部の圧迫感の解消に一役かってくれそうだ。取りつけ取り外しも簡単なので、携帯していれば、マイカー以外でも使用することができる。価格は7,544円(税込)。

 妊婦健診時に何を着て行こうかと迷っている人には、先輩ママたちの声を形にした、ベルメゾン(運営は千趣会/本社:大阪府大阪市)の「授乳対応マタニティ健診ラクラクワンピースセット(4,300円・税込)」がある。シンプルなプルオーバーとワンピースのセットで、ゆったりしたシルエットが特徴。もちろん機能性も抜群で、腹部エコーなどでお腹を見せる際も、前ゴム部分を開くだけで準備完了。プルオーバーには深めのスリット、ワンピースの胸元はカシュクール仕様となっており、生まれた赤ちゃんへのスムーズな授乳にも対応している。

 妊娠中の大きなお腹をサポートしてくれるさまざまなアイテム。シーンに合わせて活用してみるのもよさそうだ。