美味しい「牛肉」を使った注目グルメあれこれ 3万円の駅弁、ごはんで育ったいしかわ牛、中華まんなど

美味しい「牛肉」を使った注目グルメあれこれ 3万円の駅弁、ごはんで育ったいしかわ牛、中華まんなど

記事画像

 神戸牛を使った高級弁当やいしかわ牛のビーフシチュー、松屋の中華まんなど、牛肉を使った商品が続々と登場している。

 日本全国に美味しい駅弁は星の数ほどあるが、新幹線の新大阪駅で販売されている、ある駅弁が話題となっている。仕掛人は、新大阪駅のエキナカ・ショッピングモールであるエキマルシェ新大阪内の店舗、神戸ビフテキ亭DELI (運営は神戸ミートパッカー/本部:兵庫県神戸市)。駅弁の名称は「日本一の牛肉弁当 極」。中身は神戸牛フィレのシャトーブリアンステーキ、サーロインステーキ、熟成黒毛和牛ローストビーフと、言葉だけでも垂涎ものだ。ただ「しかし」と、ことわりがつく理由は価格面。同弁当は1つ3万円(税別)と、駅弁としては驚きのプライス。味わってみたいが、そう簡単にはありつけない。そんな牛肉づくしの駅弁のようだ。

 日本各地には、自慢の味で全国区を目指す「ご当地牛」も少なくない。「いしかわ牛」は、福島県石川郡がブランド化に向けて注力している和牛だ。キャッチフレーズは、エサとして地元産のコメを蒸して与えることから「ごはんを食べた牛」。さっと火を通すだけで肉のうまみが味わえる、絶品の牛肉だ。アツアツをいただくなら、地元のいしかわ牛認定店へ。例えばレストハウス母衣旗(ほろはた/石川郡石川町)では「いしかわ牛ステーキ膳(1,800円・税込)」に舌鼓が打てる。またインターネット通販なら「いしかわ牛ビーフシチュー(1,512円・税込、200グラム×2箱1セット)」などが購入できる。

 アツアツといえば中華まんも、これからの季節の楽しみのひとつ。今年は「松屋」で食べられる肉まんはいかがだろうか。松屋フーズ(本社:東京都武蔵野市)の「松屋牛まん」は、牛丼チェーンの松屋で使用する牛肉をベースに、中華の達人・金萬福氏監修のもと誕生したもの。味は2種あり、牛めし風とチリソース味。販売はインターネット通販のみで、価格は3,480円(税込、10個入)。

 今秋は美味しい牛肉を使ったグルメを堪能すれば、お腹はもちろん心も満ち足りた気分になりそうだ。

関連記事(外部サイト)