外食関連業者の倒産動向調査結果を発表 倒産件数は4年ぶり増加し2000年度以降で最多

記事まとめ

  • 帝国データバンクは11月9日、外食関連業者の倒産動向調査の結果を発表した
  • 外食産業の倒産件数は4年ぶりに増加したほか2000年度以降で上半期として最多となった
  • 負債規模「5000万円未満」の小規模倒産が81.7%を占め、零細事業者の経営悪化が目立つ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております