ベンリな「キューブ型調味料」、かつお節やソイソルト、ひとり呑みのおつまみにも

ベンリな「キューブ型調味料」、かつお節やソイソルト、ひとり呑みのおつまみにも

コブスの「まるごとキューブだし」

 おいしさが詰まった「キューブ状の調味料」。手軽に、いつもの料理の味を変えてくれる商品を紹介します。

 人は日々の食事を、もっと簡単でおいしくと願うのが常。対応する商品の話題も豊富で事欠かない。このところ調味料関係で目立つのが「キューブ状」の一品。キューブ状となった理由はさまざまだが、どれもなるほど、それなら味も一段とアップしそうと、うなずけるものばかりだ。

 コブス(東京都足立区)の「まるごとキューブだし(535円・税込、3個入)」は、昆布の旨みとカツオ節をキューブ状に固めた一品。お湯320ミリリットルに1個溶かせば、2人前のだしとなり、みそ汁など和食の味つけに使える。極薄ふわふわに削ったかつお節を昆布のうまみと合わせてフリーズドライ製法でギュッと閉じ込めているため、お湯に入れると、かつお節が花のように開き、美味しさと香りが溶け出す。カツオ節には良質なタンパク質も多く含まれており、ふわとろっとした食感もあり、そのまま具としてもいただけるのがうれしい。
コブスの「まるごとキューブだし」

 逆に、あえてもうひと手間を加えたいときにおすすめなのが「ソイソルトキューブ」だ。粉末状のしょう油「ソイソルト」の発展系として「かめびし(本社:香川県東かがわ市)」が販売している子の商品は、出来上がって卓上に並んだ料理に挽き器削ってふりかけて使う。料理との相性も、天ぷら、納豆、サラダにパスタとジャンルを問わず抜群。種類は「Super Sel・10年熟成淡口タイプ」「三年醸造」と「オニオン&にんにく」の3つ。商品には挽き器と3種各4グラムのセット(1,296円)や、4グラム3種入りのリフィール(648円)がある。価格はともに税込。
具材と調味料が別々に凍結されている「夜九時のひとり呑み」シリーズ

 自宅の晩酌の際に楽しめるおつまみにも、キューブ状の調味料が使われている。「夜九時のひとり呑み」シリーズは、味の素冷凍食品(本社:東京都中央区)と、グルメ雑誌「dancyu(ダンチュウ)」とのタッグで誕生した冷凍食品。最適な分量、かつとびきり旨いおつまみがコンセプトだ。豚角煮やよだれ鶏など6種類があり、どれも具材と調味料が別々に凍結されている。食べる際に電子レンジで加熱すると、おいしさとうま味がギュッとつまった「濃縮味しみキューブ」が最後に溶けて具材にしみ込み、肉や野菜などの素材本来の食感や彩りを生かしたできたてのおいしさを味わうことができる。価格は「夜九時のひとり呑み 豚角煮」が430円(税込、80グラム)など。

 小さな立方体の調味料を活用して、いつもの料理と違う味を楽しんでみるのもよさそうだ。

関連記事(外部サイト)