TISと三菱UFJ銀行、決済ID情報のトークン化代行サービス

TISと三菱UFJ銀行、決済ID情報のトークン化代行サービス

記事画像

 TISと三菱UFJ銀行は、スマートフォンをはじめ、ウェアラブル端末、IoT機器などの各種デバイスに決済ID情報をトークン化してセキュアに格納するサービスを共同で展開する。

 「トークン化(トークナイゼーション)」は、決済ID情報の番号をもとに仮想の番号(トークン)に置き換える仕組み。元の番号体系を保ったまま暗号化するため、既存のインフラをそのまま利用することができる。

 発行されるトークン単位で利用額や利用場所を限定できるため、紛失時でも、元のカードの利用停止や再発行をする必要がない。インターネットを介した決済情報の流通により、第三者からの攻撃による情報盗難や紛失が増えたため、国際ペイメントブランドが中心となって普及に努めている仕組みだ。

 三菱UFJ銀行は、決済サービスをスマートフォン上で提供する「MUFG Wallet(仮称)」を2019年春のサービス開始に向け検討を進めている。「MUFG Wallet」は、万一のスマートフォンの紛失などの際でもカード番号等の流出がないように、決済情報・カード情報をトークン化(暗号化)し、セキュアに格納するTISの技術を採用している。両社は今回、その仕組みを「トークンリクエスタ代行サービス」として、モバイル・デジタルウォレット事業者(トークンリクエスタ)に展開する。

関連記事(外部サイト)