マネーフォワード、スタートアップを支援するプログラム「STARTUP BOOSTER」

マネーフォワード、スタートアップを支援するプログラム「STARTUP BOOSTER」

記事画像

 マネーフォワードは、連携するベンチャーキャピタルの出資先を対象に、クラウドサービスの無償提供や税理士によるメンタリングを提供する新たなプログラムを開始した。

 マネーフォワードが9月19日からスタートした「STARTUP BOOSTER」は、連携するベンチャーキャピタルの出資先であるスタートアップを対象に、マネーフォワードが提供するビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」の無償提供(※)や税理士によるメンタリングを提供する(メンタリングの回数、金額、契約形態などは個別相談)。

 連携するベンチャーキャピタルは、インキュベイトファンド、Skyland Ventures、GMO VenturePartners、ジャフコ、ディープコア、500 Startups Japan、Plug and Play Japan。

?マネーフォワードは、このプログラムを通じて、創業間もないスタートアップにおけるバックオフィス業務にかかる時間やコストを削減し、事業の加速・拡大を間接的に支援するとともに、ベンチャーキャピタルとの連携もさらに加速する。

※「MFクラウド会計」「MFクラウド請求書」「MFクラウド給与」「MFクラウドマイナンバー」「MFクラウド経費」の5つのサービスが対象。

関連記事(外部サイト)