社員クチコミ就職サイト「Vokers」、リンクアンドモチベーションから22.5億円調達

社員クチコミ就職サイト「Vokers」、リンクアンドモチベーションから22.5億円調達

記事画像

 リンクアンドモチベーションは、社員クチコミによる就職・転職者向け情報プラットフォーム「Vorkers」を運営するヴォーカーズと資本業務提携し、ヴォーカーズは持分法適用関連会社となる。

 就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」を運営するヴォーカーズは、リンクアンドモチベーションとの資本業務提携に関する契約締結を完了した。今回の資本業務提携により、ヴォーカーズはリンクアンドモチベーションから総額22.5億円の出資を受け入れ、リンクアンドモチベーションの取締役である麻野耕司氏が、10月1日からヴォーカーズの取締役副社長へ就任する予定だ。

 リンクアンドモチベーションは2000年に創業した、「モチベーション」を切り口にした組織人事コンサルティンク?会社。提供している「モチベーションクラウド」は、「従業員エンゲージメント」を向上させるクラウドシステムだ。現在3,840社、90万人のデータを保有しており、従業員エンゲージメントを偏差値化した「エンゲージメントスコア」と業績との相関性も明らかになっている。

 一方、ヴォーカーズが運営する「Vorkers」は、社員クチコミによる就職・転職者向け情報プラットフォームで、社員クチコミによる評価スコア件数は約630万件、登録ユーザー数は約245万人、1日の新規登録ユーザー数は3,000人。

 ヴォーカーズは、新サービス「Vorkersリクルーティング」を立ち上げ、「Vorkers」に登録しているユーザー約245万人と、採用をしたい企業を直接マッチングするプラットフォームとして提供している。業務提携のスタート段階では、リンクアンドモチベーションが「Vorkersリクルーティング」の販売および運用の一部を担い、「Vorkers」の総合評価の高いリンクアンドモチベーションの既存顧客へと「Vorkersリクルーティング」を展開することで、早期の事業立上げを目指す。

 両社は今後、「Vorkers」の総合評価に低い企業に対して、リンクアンドモチベーションの「モチベーションクラウド」を導入するなどさまざまな協業を模索する。

関連記事(外部サイト)