イオン銀行、スマホをかざすとATM取引ができる「スマッとATM」

イオン銀行、スマホをかざすとATM取引ができる「スマッとATM」

記事画像

 イオン銀行は、スマートフォンをかざすだけでイオン銀行ATMでの取引きができるサービス「スマッとATM」の提供を開始した。

 イオン銀行は、スマートフォンをかざすだけでイオン銀行ATMでの取引きができるサービス「スマッとATM」の提供を開始した。事前にイオン銀行が提供するスマートフォン専用アプリ「スマッとATM」をダウンロードして、アプリで希望の取引を選択し、金額を入力してからATMを利用できる。

 アプリ上での操作を終えたスマートフォン(NFC機能を備えるAndroid端末)をこのサービスに対応したイオン銀行ATMにかざす。その後は、暗証番号を入力するだけで、事前にアプリ上で操作した取引きが完了する。

 アプリ上での事前操作により、ATMでの取引時間の短縮や財布からカードを取り出すひと手間を省くことができる。スマートフォンのNFC機能を活用したカードレスでの預金、カードローンのATM取引サービスは国内初。

 このサービスは大日本印刷が開発したもので、ATMの操作にかかる時間は20〜25秒で従来の約半分に短縮できる(イオン銀行調べ)。アプリへの登録情報はすべてサーバで管理しており、スマートフォンに口座番号などの情報は残らない。

 その裏側では、グローバルなセキュリティ基準であるPCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard:カード会員データを安全に取扱うことを目的として策定されたグローバルセキュリティ基準)に準拠したサーバがデータを管理し、高度な情報セキュリティソフトを導入し、アプリの改ざんを防止している。

 このシステムは、全国銀行協会(全銀協)のICキャッシュカード標準仕様を考慮した仕組みとなっているため、金融機関は最小限のシステム改修で導入が可能となっている。

関連記事(外部サイト)