就職活動で「その企業を嫌いになった」学生が4割 関係者のリアルな情報を重視の傾向

記事まとめ

  • 電通PRは2019年3月に卒業予定の大学生・大学院生1,000名に就職活動調査を実施した
  • 就活で企業を「好きになった経験ある」が78.0%、「嫌いになった経験ある」が43.6%
  • 企業を嫌いになった人で「周囲の人に就職先として選ばないよう勧めた」が14.0%だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております