LINE、海外向け仮想通貨「LINK」の取扱を10月スタート

LINE、海外向け仮想通貨「LINK」の取扱を10月スタート

※表をクリックすると拡大します。

 LINEは、独自の仮想通貨「LINK」を海外向けに10月16日から取り扱いを開始する。

 LINEは9月27日、「LINE Token Economy」構想についての記者発表会を開催した。「LINE Token Economy」は、LINEが独自に開発したブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤(メインネット)として「LINKエコシステム」を構築し、サービス提供者とユーザーがよりフラットな関係を構築できるトークンエコノミー構想だ。

 ユーザーは、同日発表された新たな「dApp」サービスや、エコシステムへ参加する既存のLINEサービスに登録・利用すると、アクションや貢献レベルに応じ、インセンティブとして独自の汎用コイン「LINK Point(日本向け)」や仮想通貨「LINK(海外向け)」を獲得することができる。

 日本国内の居住者のユーザーに向けた「LINK Point」は10月から提供を開始し、「LINKエコシステム」に参加する他の「dApp」サービスで使用できるほか、「LINEポイント」に交換して1ポイント=1円として「LINE Pay」での決済やLINEサービスでの購入・決済時に利用できる。

 海外向けの「LINK」は、グローバルの仮想通貨交換所「BITBOX」で10月16日から取扱をスタート。今後、ユーザーがインセンティブとして獲得した「LINK」は、BITBOX上で、他の仮想通貨との交換、取引が可能となる。BITBOXは、LINEグループのLVCの傘下にあるLINE Tech Plusが運営しており、2018年7月にサービスを開始している。

■未来予想、Q&Aなど5つの「dApp」サービスを発表

 LINEでは、ブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤に、汎用コイン「LINK Point」を利用することができる分散型アプリケーション「dApp」サービスを順次提供していく。「dApp」は「Decentralized Applications」の略で、ブロックチェーン技術を用いた非中央集権的、オープンソースなアプリケーションを指す。

 「dApp」サービスはブロックチェーンによって、既存のアプリケーションが抱える「改ざん」「不透明性」といった課題を解消し、より高度なセキュリティと透明性を確保が可能となる。LINEは現在、「未来予想」「知識共有」「商品レビュー」「グルメレビュー」「スポットレビュー」の5つカテゴリでの「dApp」サービスを開発している。

■一般ユーザーも評価を確認

 LINE独自の汎用コイン「LINK Point」、LINE独自の仮想通貨「LINK」は、ブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」上に記録され、ユーザーの貢献に対する適切なインセンティブの付与、透明性の担保を実現する。

 LINEは透明性の担保のために、総発行量や各ユーザーへのインセンティブの付与状況等の確認を可能にする「LINK SCAN」を開発。「LINK SCAN」は公開されており、ユーザーどうしでの評価や、dAppサービスの提供側によるユーザーの評価などを確認することができる。

関連記事(外部サイト)