株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」が「グッドデザイン賞」

株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」が「グッドデザイン賞」

記事画像

 日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングが、2018年度グッドデザイン賞を受賞した。

 「FNDINNO(ファンディーノ)」は、優れた技術とアイディア持ちながら、隠れた存在となっている非上場企業を支援するサービス。非上場企業の成長の重要な要素は資金調達。日本クラウドキャピタルはその手段のひとつとして、日本で初めて株式投資型クラウドファンディングサービスを開始した。

 株式投資型クラウドファンディングとは、非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組み。これまで閉ざされていた非上場株式の取得を可能にし、一般の投資家でも非上場企業への出資ができるようになった。

 「FUNDINNO」は、日本デザイン振興会が主催する「2018年度グッドデザイン賞」を受賞。日本でも定着してきたクラウドファンディングだが、「投資型クラウドファンディング」という、新しい資金調達の手法を一般ユーザーにもわかりやすく、ポップな形で広めている点が評価された。

関連記事(外部サイト)