PayPay、バーコードを使ったスマホ決済サービスを提供開始

PayPay、バーコードを使ったスマホ決済サービスを提供開始

記事画像

 ソフトバンクとヤフーの合弁会社PayPayは10月5日、実店舗でのスマホ決済サービス「PayPay」の提供を開始した。

 スマホ決済サービス「PayPay」は、あらかじめ銀行口座からチャージした「PayPay」電子マネー、または「Yahoo!マネー」による支払いと、クレジットカードによる支払いの2種類を選択できる。

 バーコードの読み取り方式は、事業者側が掲示したQRコードをユーザーがアプリで読み取る「ユーザースキャン」方式と、ユーザーがアプリに表示したバーコード(1次元バーコード、QRコード)を事業者側がレジなどで読み取る「ストアスキャン」方式の2通りを提供する。

 「PayPay」のサービス開始に伴い、現在ヤフーが提供している「Yahoo!ウォレット」のスマホ決済サービスは近く提供を終了し、「Yahoo!JAPAN」アプリからも「PayPay」のサービスを利用できるようになる予定だ。

関連記事(外部サイト)